今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

東京SUCK2019

ライブハウスに関わっている人であればその「コミュニティー」としての機能に夢見たり憧れたりした事が1度はあるはずだ。出演者もお客さんも入り混じって新しい出会いがあって、いつものバンドがいて、新発見と再確認に満ち溢れたエンタメ空間。勿論僕もそんなライブハウスの側面にヤラれてきた1人。更にわかりやすく言えば「あの売れたバンドはドコソコのライブハウス出身で」みたいなライブハウスドリームも含めてあ憧れ続けてきた。

まぁところが実際にはライブハウスにそんな機能を求めてなくて「フェスにでるには?」を追求するバンドも増えてきた。基地であり溜まり場であり教室であったライブハウスは現在その存在意義を改めて問われているような気がしています。

f:id:boone428:20190914161908j:plain


前置きが長くなったけど昨日は「東京SUCK2019東京編」このシリーズは大阪・扇町のライブハウスpara-diceに出演するバンドが大型バスで東京にやってきて朝までライブして翌日静岡の温泉に行くという途方もない企画。出演者の8割が大阪勢で埋め尽くされる空間は「え?東京だよね?ここ…」と思う位には大阪。

去年?一昨年??からアウトブレイクで開催されているこのイベントは毎回冒頭で長々語った「ライブハウスのコミュニティー機能」を最強に感じれるイベントだ。多彩な出演者、参加者全員が参加バンドの全曲を歌えるんじゃないか?という盛り上がり。飛び交う野次に空いていくビール樽。撃沈する参加者、明け方に復活するゾンビ達が「美酒に酔うべし!」というコールで乾杯が途切れない亜空間。

まぁ感動すんだよな。

これだけライブハウスを愛して愛される人が沢山に集まる光景はなかなかにみれるものじゃない。扇町para-diceは小さいライブハウス。初めて遊びに行ったときに『なにもないけど全部あるじゃん…!』と死ぬほど感動したのを覚えてる。それがそのまま昨日四谷にやってきた感じ。

f:id:boone428:20190915122533j:plain

終演朝5時過ぎ。

現場はぶっ通しだし、労力は半端ないんだけど最後スタッフ全員が超絶笑顔になるんだよな。なんでだろう、毎回この謎の感動を僕は胸にしまい込んで床で寝てる。来年もまたこんな気持ちになりたい。皆さんお疲れ様でした!!!!

じゃ、四谷で。