今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

現場の声を届ける係。

明日月曜日に佐藤が作った新作MVが発表になります!蛍光灯三部作の最終作です。色々と気合たっぷりで素敵な仕上がりになりました。お相手は人工楽園!!!同世代のバンドマンが今のライブハウスで輝く為に等身大の動画を作ったよ。お昼過ぎに発表できると思うのでお楽しみに!!!!!

f:id:boone428:20190721134655j:plain

めっちゃくちゃ良いので。明日発表。


昨日の四谷はアニスの担当日という事で若者がどっさり。みんなオシャレしてライブハウスを楽しみに来てくれてるのが嬉しいよ。週末に珍しく打ち合わせ数本。前にも言ったけどここ最近ベンチャー含めて新しくライブハウス業界で新しいサービスなりアプリをやってみたい!という人が増えている。昨日もそんな新規事業立ち上げのヒアリングというか現場の声を聞かせて欲しいというのでつらつらと。

今新しく立ち上げようとしているのって大きく分けて3つでして

①アーティストへのサポートに特化したやつ
②お客さんに向けてのサポート、お客さんが得するシステム
③バンドとライブハウスのマッチング系

に分かれてるな~というのが実感。①は配信の代行とかそういうの。②はライブハウス情報まとめサイトみたいなのとか、最近だと定額制ライブ③はライブをしたいバンドと出演して欲しい会場を繋げるタイプのものですね。

どの方々も比較的若いのと元バンドマンだったりして「ライブハウスにもっと人が来るようになってほしい!」という気持ちを込めてのものです。これはお店としては凄く有難いですよね。革新的なサービスが生まれたらお互いにハッピー、それなら僕で良ければいつでも協力したいと思うのが普通じゃないですか。

で、そんなミーティングの時に「佐藤さんならなに欲しいっすか?」と聞かれるのですがそういう時は毎回コレが欲しいです!!ってのがあって

その日フラっとライブ行く人の為に今日の日付(1週間とか)を出すと近隣のスケジュールがザザっと出て来て見れるというシンプルなもの。そっからバンド毎にイイネ!みたいなのをつけると今後優先的に上がってきたり、そのバンド界隈のバンド(対バン回数とかで紐づけ)も一緒に出てくるアプリ!これが欲しい。

結局ライブハウスのwebサービスであり、新しいシステムがあってもゼロスタートの人を迎え入れるのって難しいと思うんです。我々がたまに言う「ふらっと来てくれ!」のハードルの高さは我々が良く解ってる。だったらライブハウスに3カ月に1度来る人を月1回来る人に変える方が話が早いと思うんですよね。

f:id:boone428:20190721135450j:plain

今度の早朝ライブは8月、冷酒スペシャル。ふらっと来づらいライブ最高峰


なので2時間暇だな~という瞬間ってたまにあると思うんですよ。仕事終わったけど家に直帰したくないとか。俺の場合だと店の外出れるんだけど90分で帰ってこなくちゃ、とか。打ち合わせの合間とかさ。そういう時にサクっと調べられて知ってるバンドとか気になってるバンドのライブがあったら俺はふらっと行くんだけどな~~。

ライブハウスの便利さって半永久的に追い求めて良いと思うんです。そこで失われてしまうものって意外と少ない。結局はどんなにハイテクサービス考案しても結局は人と人の話だから。だからといって思考停止は良くないので僕はこういうのにガンガン協力しますので現場の声をききた~い!!という皆さんITでもそうじゃなくてもどしどしご連絡ください!!!!

じゃ、四谷で。