今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

おまじないのように「ライブハウスは楽しいよ」と言ってきたけど、やっぱり楽しいよ。

さぁ週末だ。昨日は地下室のメロディ。不良の大人が沢山居てワクワクした。そういうライブハウスも少なくなってきたから嬉しい。途中打ち合わせを何件か。

有難い事に「アウトブレイク面白れぇじゃん!」という理由だけで「こういうのやってみない?とりあえずお金の話は置いておいてさぁ!!!」と自分じゃ考えもしないウルトラハイテクな提案を頂き「いや、無料ならなんでもやるっすけど」と及び腰になりながらも近い未来必ず有力な一手になるから飛びついた。有難いしかない。

面白い、ワクワクするというのは全てにおいて最初の1歩だ。それさえあれば大抵の事は回っていく。そこから必要なのは資金力であったり経費コントロール。その2つが揃う確率は想像よりもはるかに低い。そりゃお金が絡んでくればそうなんだけど、俺はその確率をどうにかしてあげる方法をここ数年ずっと探しているんだと再確認。自分が本当にやりたい事は今の規模感なのか、もっと大きいのか?小さいのか?そんな基本から立ち返る必要があるのかもな。





深夜、缶ビールを飲みながら事務所でポツンとしながら数字を計算したり気持ちを整理したり、仕事の段取りを考えたり。迷ったときは散歩に限る、徒歩徒歩とぼとぼ。さて今夜の仕事が終わったら日曜の朝は早朝ギグなり。


f:id:boone428:20190620145839j:plain


朝っぱらから地下室で鬱屈とした日常をぶっとばしましょ。おまじないのように「ライブハウスは楽しいよ」と言ってきたけど、やっぱり楽しいよ。

じゃ、四谷で。