今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

あるはるかMV「はだかの王様」の思い出。

公開となりました。
私が撮影、監督(未だに役割理解できず)、編集を
させてもらいました映像が昨日リリースされたのです。
まずはご覧くださいませ。

youtu.be
思い出話からしようかな。

「あるはるか」というバンドがおります。
初めて観た時は---公園の隅に生まれた小宇宙---という表現で
この3人を表して自分でも凄くしっくりきていました。
その後何度もアウトブレイクに出演してくれて
一緒にお昼のワンマンライブをシリーズ化させてやったり
色々一緒に紆余曲折、切磋琢磨してきました。

f:id:boone428:20190507152931j:plain


先日、ライブ活動の一旦休止を発表。
あれれ、どうしたのかな?と思いながらも休止直前のライブを見て
この3人と話をして。ライブ活動は事情があってできないけど
音楽活動自体はやめたくない、新作があるのでMVを撮影してくれないか?
そんな話を貰ったのです。

いや、それ大事な1作になるじゃんか。
今までの他監督のMVも素敵だったし、俺に頼むってマジ?
と引け腰になりつつ、俺の技術的なものや環境も含めて
バンドが考えてくれたんだから、やるしかねぇ。快諾。

もらった曲のタイトルは「はだかの王様」
歌詞は自分なりに解釈すれば田舎からバンドで夢みて上京したら
思いっきり挫折するんだけど、でも歌いたい。
くぅ~いわゆる30代バンドマンの悩みを全部凝縮した世界観。

f:id:boone428:20190507154835j:plain

MV撮影中。プロジェクターの映像を照明代わりに。

本人からの希望もありロケ無し、ライブハウスの演奏シーン中心で進行。
照明どうしようかなぁ=~と悩んでいた時にプロジェクターで
電車からの風景を流してみようかな?とテストしたら良かったので
曲に合わせて色見とスピードを調整して作ってみました。

今までのあるはるかのMVのイメージだった
透明感とは無縁で閉鎖されたライブハウスって感じの汚い壁。
そこに映し出される電車風景に鬱屈としたバンドマンの悩みを載せて
最後はガランとした客席と光で色々を表現してみました。

ってのは後付けで完全に流れに身を任せただけだけです!
へっへ~~~~~ん!!!!!!!!

とはいえ撮影前半に録った1コーラス目のふみちゃんの表情が
なんということでしょうか、非常に色っぽくて。
あの瞬間に全部の構成みたいなものが決まったような気がします。

f:id:boone428:20190502150346j:plain

これな


編集作業はメンバーと確認しながらver6まで作ってフィニッシュ。
歌詞を出す、出さない、イメージシーンを入れる、入れないと
協議を重ねてこうなりました。
今のあるはるかを僕なりに切り取った映像になったかと思います。

お互いに問題を抱え、技術表現では未熟な部分がありながらも
納得してリリースです。全部飲み込んでリリースです。
飽きるまで1分でもいいから見てくれたら嬉しい!

youtu.be
お!佐藤に映像頼んでみよっかな?って人いたら仕事ください。働きます。
そしていつもblog見てくれる皆さん、ダメ出し欲しいよ。
もっとこうしたらいいのに!!って意見が俺を育てます。

じゃ、四谷で。