今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

カネコアヤノ凄い、おいおい教も凄い、ワイサイ10周年も凄い。

昨日も色んな事が沢山あった。
まずは朝からプララっとみたYoutubeにやられてしまい。

youtu.be
女性シンガーソングライターって全部同じに聞こえる瞬間があります。
1人の女子が恋愛、セックス、悩み、恨み辛みを赤裸々に歌えば
もうそりゃそれで強烈なストーリーじゃないですか。
それに食傷気味になってるってのもあるかもしれないし
世代も性別も違うからってのもあるとは思うんですけど。

ただこの映像、あまりに強烈すぎて見入ってしまう。
普通MVって発売される音源に映像がついて
「こんな曲やってますよ」「こんなバンドですよ」
って紹介の意味もあるものだと思う訳です。

ただこの曲は収録曲をアコギ弾き語りverで、それもおそらく
外で1発録音したものを超アップの1カット、目線ゼロで作られてる。
今回のリリースのプロモーションや楽曲紹介、アーティスト紹介として
これが最強!と現場が判断してのコレ。ちょっと凄くありません?

この顔面アップ1カットが「カネコアヤノ」を完全に切り取ってる!と
本人も監督も理解していて実行している訳ですから。

監督だれよ…?と思って調べたら写真家さんだった。

木村和平
http://www.kazuhei-k.com

ううむ、本来なら「洒落てんなー!」と自分の芸術コンプレックスが
爆発するところなんだけど、不思議とそれがない。
なんなんだろう、このモヤモヤとした気持ちは。。。

慌てて過去のMVを漁ってもやっぱりモヤモヤは晴れない。

自分は本当に性格が悪いのでMVってすごい斜めにみてしまうんですよ。
ロックバンドのMVに女優さんのイメージカット入れば
誰かの彼女かな?って普通に思うし、アイドルとかのMV見れば
あれ?監督さんとやったのかな?とか、普通に思うんです。

(失礼は100も承知で)

それはそのアーティストや女優さんとカメラ/監督さんとの
距離感っていうか、凄い映像って監督×女優の信頼関係が
ドカーン!って見えるじゃないですか。
良質な抜けないAVやドキュメンタリーも同じくなんですけど。
僕はその関係性に「性」を見ちゃうんですよ。
だから苦手ってか、今いちピンとこない。いや我ながら病的。

ただこのカネコアヤノ×木村和平にはそれがない。
なんだろ、この清々しさは。非常にかっこいいと思いました。
羨ましくて悔しい!ぎゃ================



そんな昼間を過ごしつつ働きながら
夕方新宿ワイルドサイドにておいおい教バンドライブ。
四谷から自転車で5分の好立地なので往復して
仕事リハ仕事本番仕事を繰り返した。

f:id:boone428:20190427133340j:plain

黄金狂時代ありがとう!!!

新宿ワイサイも10周年!!!!凄い!!!!!
ここも独自のライブハウス路線を突き進んでるからスキです。
お酒も安いし天井高いし楽屋広い!!!!

この日はお祝い&黄金狂時代との企画という事で…

f:id:boone428:20190427133702j:plain

おやおや教祖の様子が…

f:id:boone428:20190427133725j:plain

金粉を塗りたくった…

全身に金粉を塗りたくる伝統芸能。
金粉の粉をベビーオイルで伸ばしながら全身に塗りました。
皮膚呼吸ができないそうで1時間以上は危険なんだって。
良い子はマネしないでくださいね。

一番感動したのは金粉を塗ってる時に丁寧に前張りしながら塗ってるから
あれ?今日はふんどし脱ぐんですか?って聞いたら
楽屋だから皆に見えたらいけないでしょ…って教祖が言った事かな。

芸に品がある…!!!!!

こういう所あるから教祖好きですよ。

じゃ、四谷で。