今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ブッキングライブにおける前売り料金と当日料金のお話 その後

京都のライブハウス「GROWLY」のオーナー恭平さんが
僕の前のブログを読んでくれて意見を言ってくれました。
ありがたいし色んな意見交換は素晴らしいので
ご紹介するでやんす。


少し前に僕が書いた当日券と前売りの料金差って
ブッキングライブにおいてどうなの??
価格差なくして、前売り予約の人がもうちょっと
得っていうかラッキーなシステムにした方が
予約する人が増えるんじゃない??って話についての
恭平さんの意見でございます。

www.boone4649.work

これ元の僕ブログ。読んでない人は読むのだ。 


時間ある人は上の2つを全部読んでからこのブログを
読み進めてもらえたら嬉しいのだけど
どうせみんなリンク先を読む根性がない人が
多いから超俺目線で要約します。


俺「当日券料金廃止にして前売り特典つければよくね?」

恭平さん「それじゃ経費かかるし特典いらない人予約しなくね?」


まさに会社違えど「社長VS雇われ店長」の解りやすい構図です。
いや、わかる。超わかるっす。

ライブハウスの雰囲気や規模にもよるし
なによりこいつは(ショボい話だけど)普段30人も入らないような
ブッキングライブにおいての話なんだよ。
スタッフや自分がちょっと頑張れば出来るんだよ。
だったらなるべく全部やりたいじゃん。

僕はお金のかからない方法として
・俺の肩たたき券
・荷物預かり
を提案して実行した。

恭平さんはそれにも細かく見れば
場所代であったり人件費がかかってると指摘する。
スタッフに負担がかかるだろう、と。

まぁそうなんだけど、それを楽しんでやってもらうのが
店長の腕の見せ所なんじゃないかな~と。
ブラック!ブラック!!

 

f:id:boone428:20190411185204j:plain

スタッフゆいちゃんお手製。



ライブハウスが発信する事でバンドが
前売り予約を促すアナウンスが1つできれば
それは大きな前進なんじゃないの???
それお金で買えないじゃん!!!!
と僕は思うのですよ。

ただ実際にスタッフと俺の手間は増えるし
それは確かに経費になるんだと思うし。

それでも…それでもやりてぇんだよ…!!

バンドが「前売り予約してください!」って
声高らかに言うのって恥ずかしくないですよ。
尊い事だと思うんですよ。
自分たちの音楽を多数の他人に届けたいって
その気持ちに店も応えたいじゃないですか。

そりゃバンドが自主企画とかワンマンだけじゃなくて
ブッキングライブにも工夫して特典つけてくれたら嬉しいけど
それも難しいの解ってる。色んなジレンマと矛盾あるの理解してる。

だから四谷アウトブレイクはユーモアで立ち向かう。
肩たたき券でもクロークでも考えうる方法全部を使って
バンドの前売り予約の後押しをする。
ぶっちゃけて言えば全然肩たたき券使ってくれないけどな!!
失敗は認めよう!だけど次もまたやる!!!!

ミッキーマウスになれるなら喜んでなるし
ピエロになれと言われれば喜んでなる。
バンドを見に来るお客さん達に
「アウトブレイクでライブあるなら行く」
と言って貰えれば勝ちだもん。

 

俺はライブハウスを遊び尽くすぞ。
失敗ばっかだけど、まだ頑張れます!!!!!
特典の良いアイデア引き続き募集しておりまーす!!!!

じゃ、四谷で。