今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

え?このバンド凄いじゃん!の方程式

昨日は濃厚なスリーマンライブ。

f:id:boone428:20181229184400j:plain


久しぶりにFUZZ ACTが四谷に。
メンバーも変わっての新体制を見るのは初。
結構たのしみにしていたのであります。

FUZZ ACTは僕の中では
オールドスクールなロックンロールを軸として
その中で今のライブハウスシーンに
どうやってブチ込んでいくかっていう
若者達というイメージだったのです。

その無骨さが気持ちよく
お客さんの年齢層も音的に
少し高めなのかな、と。
そんな印象のバンド。

www.youtube.com


新体制の彼等は今までの感じを
残しつつ、より今のライブハウスシーン、
ぶっちゃければフェスに出てるバンド達に
寄せてきて、そこにどうやって
ロックンロールをブチ込むかを模索してるようだ。

ライブハウスの盛り上げ方を解ってるバンドは
やっぱり強いよなぁ。さすがでした。

ずっとライブハウスでバンドを見てきて
「ああ、こいつらは凄いわ!!」
と思う瞬間ってある程度パターン化されてます。

勿論、個人的な感想でロックバンドに限るですが

①音圧と良メロディーのピークが両立してる
②バンドメンバーの躍動感
③リズムとピッチが色んな意味で合っている

これが一瞬で感じられる瞬間に
「ああ!このバンド凄い!!」
と思う事が多い。


良メロディーは必然としてその音圧が問題です。
ここがピークになっていなくてはいけない。
バンドのアンサンブルもそうだし
その手前のBメロの抜き加減もそうだし。


ライブは視覚的効果って凄い。
で、大事なのは動きが派手!が重要じゃなくて
メンバー全員が一緒に演奏してる!!という感じが
伝わるかどうか。それがエモさを足してくれる。


俺にはこれがどうしても重要で。
正確なリズム、外れないメロディー。
これが初見のお客さんと戦う武器だと思います。
何度も聞いている、元から好きな人は
早くなろうがピッチがずれようが
それはライブ感として受け取ってくれるけど
初めて見る人にはそれが伝わらんと思うのです。


世界中のライブハウスマンが
バンドに伝えている超当たり前の話ですが
対バンイベントで一番にアピールしたいのは
やっぱり「初めて見てくれるお客さん」です。

で、その人は大抵の場合
「対バンの友達、恋人、ファン、付き合いで来てる人」
な訳でして。
(ライブハウスファンも勿論いるけどね)

その人達にはライブのノリって
意外と伝わらんのですよ。
ここにバンドと温度差ある事も多くて。
勿論、それを超越した人もいるし
別にそんなのいいんだよ!て人もいる。

それは問題なくてさ。

もし、ちょっとでも多くの人に!
フェス出たい!!っていうのなら
意識してもいいのかな、と。

まぁそんな話を精算の時にしていました。
こういう話、もうみんな解ってるし
俺が言うことじゃないのかな~とも
思ってんたんですが久しぶりに話したら
面倒くさ!と思われても
言い続けた方がいいのかな、と思って
ダラっと書きました。

こういう話を佐藤としたい!!って方は
いつでも四谷アウトブレイクへ。

話だけじゃなくて実際にPA使って
音圧とは?を模索したりRECしたり
ゲネプロやるのも付き合うよ。
お待ちしております。

じゃ、四谷で。