今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

新宿マーブルのお知らせに思う。

年末、忙しい中でも不思議と1年の終わりは
エモーショナルで静かで
どこか達観してんだけど焦燥感は
しっかりと胸の奥にある季節だよな。

年末ならでは。
ただの寒い1ヶ月だってのに。


マーブル鈴木店長の告白である。
しっかりと読んで欲しいのだけど
マーブルの経営がやべぇ!!じゃなくて
グループ全体を考えたときの
トータル収支がやべぇ!どうしよ!!って話。

こういう状況を書かなくてはならない程に
切迫とした悩みなんだと思う。
それはつまり、部外者が言う事じゃないけど

「マーブルは最高!数字も大丈夫!
まだまだ楽しい事したい!」

そういう真摯で実直な決意表明なんだろうな。

こういうライブハウスと数字の話は
本当に賛否両論ある訳です。
それでもこのマーブルの話は
助けて~!っていうのじゃなくて
もっと面白くなるぞ~!という
強い気持ちを感じるから凄いよ。

文章から滲み出る自信が
うらやましくて、悔しい

f:id:boone428:20181220144100j:plain
Andareで何度か出演させてもらったマーブル。
天井に吊ってあるバケツが好きです。



ライブハウスを守るのは店の人です。
皆さんどうか「助けてやるか!」ってよりは
遊びに行くか!かっこいいライブするか!って感じで
飲んだり騒いだりしたら
それが巡り巡ってライブハウスを助けます。

僕達は楽しいを続けよう
数字と戦うのは店長に任せとけ!

しかしこういう話題は自分の店を
再び見つめなおす機会である。
午前中、俺も数字と格闘。困憊。

がんばれマーブル&世界中のライブハウス!
もちろん、四谷も経営は余裕じゃないので
こぞって遊びに来て下さいね!!!!!!

www.youtube.com

ライブハウスの事を考えるといつも
これが頭の中に流れてくるのだよ。

じゃ、四谷で。