今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

素晴らしい音楽と素晴らしい居酒屋は似てる。

素晴らしいバンドに出会う事
踊れる場所に行く事
泣ける曲に出会う事

どれも素晴らしい体験で
自分の人生には変えがたいもの

www.youtube.com

それと同時に
素晴らしい居酒屋に出会うのも
また人生を輝かす要素の1つだ

しかし不思議なもんで
「ぎゃ!当たり!!」と思って
次回再訪するとそうでもなかったり
がっかりしてしまう事も多い

その日のテンションや
同行者、酔い具合、常連客など
さまざまな要素が交じり合って
「当たり!」になるんだもんな

f:id:boone428:20181216133909j:plain

わかる人にはわかるこの店内。
あの日の俺のコンディションにぴったりの
酔っ払い常連、ママ、焼き場のお兄さん。

そして生姜、にんにくの入ってない
赤味噌風味のモツ煮込み。
これが七味がいらない程度のピリ辛で
非常に美味しかった。

まさに名曲に出会った気分。
素晴らしいバンドのライブを見た気分だ。
隣の常連さんがしつこくお勧めメニューを
進めてくる姿は、自分自身が

「このバンドまじでヤバイから!」

とSNSで必死に書き並べてるのと一緒だ。
当然全部頂く。美味しい。

「でしょ!でしょ!!」

と自慢げな常連さんの姿は
イベントで盛り上がった後の自分のようだ。

f:id:boone428:20181111160204j:plain(とある日ヒッチハイクに成功した時の顔=自慢げ)


そもそも生きている中で
「自分が好きなものは他人も好き」
というのは大きな間違いな訳です。
そんなことあるわけない。

でもこの職業では
自分の好きなものを他人に紹介する
という事が非常に重要重大な訳です。

数多くの失敗と絶望を
1軒の居酒屋と常連に救われた。
そんなお話でした。

じゃ、四谷で。