今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

京都GROWLYがドリンク代¥0を実現するためクラウドファンディングに挑戦。

歯医者って凄いよな。
あんなに体力、精神力を持っていかれて
お金も持ってかれてボロボロになる
医療機関ってなかなかないぞ!!!!

まぁ全ては自業自得なんだけど。

昨日、不慮の事故で割れた奥歯の治療。
抜くしかねぇ!という判断で
バキーンと抜いてきました。

前から通ってた歯医者が
ビル工事で休業してたので
仕方なく新規の新しい所にて。



切られて縫われてクタクタ。
全てのやる気を失って昨日は朝まで
まるでポンコツでございました。。。

んで、この話題ですよ。


ま、今までずっと散々に
「ライブハウスのドリンク代とは」
について語られてきてる訳ですけど
その中でも「じゃあ、これ試してみるわ」
という挑戦的な内容になっています。

折角なんで端折らずに時間ある人は
このクラウドファンディングの内容を
読んでくれたら色々納得すると思うんだけど

www.muevo.jp
単純に
・グッズの売り上げを入場時のドリンク代に充てる
・良くドリンク飲む人が前払い感覚で払う
と理解しました。

ドリンク代のハードルを下げる事によって
ライブハウスの活性化を目指すぞ!と。

リターンみると常連さんは逆にお得になりそうだし
これをきっかけにライブハウスのドリンクとは?
を考えるのを促すという作戦だと思います。
視野も広いし、僕はこういう挑戦系には
諸手を挙げて賛成なのでワクワクしますねぇ!!!

さぁ、クラウドファンディングは
果たしてライブハウス・その界隈で活動するバンドに
どれだけ有効であるか?を試される気配。

ご存知の方も多いかと思いますが四谷アウトブレイクも
クラウドファンディングが出だした当初に
挑戦した事があるのですよ。

www.beeast69.com

 

これは非常に好意的に受け止めてもらって
大成功したんですけども
当然ながら問題点も多々あって。

・リターンにお金使いすぎた
・クラウドファンディングの会社が途中で逃げた

まぁ割とエグかったんですわ。
結果、協力してくれた方に
不義理をはたらいてしまった事もあって。。

ただ1点、一番恐れていた
「お金ないなら自分で稼げよ」
という意見は無かった(と思う)ので
良かったな~と。

www.crowdport.jp

(今はとんでもない数のクラウドファンディング会社がある。)

既存のライブハウスシステムを
壊して再構築していくには
沢山の人に関係してもらうしかない。
そういった意味でもこの挑戦は凄いよね。

僕個人からすると
もうちょっと奇抜というかアホな事を
考えてしまうもんなぁ。。

 

こういう挑戦を繰り返して
「ライブハウスのドリンク代って?」
という話題から
「ライブハウスのドリンクうめぇ!」
に変わっていくといいなと思います。

値段や飲み食いするという点において
居酒屋さんと勝負は難しい。
だからスタッフの接客や音楽、
お客さん全体の雰囲気とか総合的な所で
・うまい!
・楽しい!
・もう1杯!
を提供しないといけないのですよね。

これは逆にライブハウスじゃないと
できない事だと信じています。

さ~どうなるのか楽しみ。
僕も微力ながらポチっと応援しようと思ってます。

ちなみにアウトブレイクのドリンクは
入場時¥500のOPENから据え置きで
一部イベントを除いて
アルコール1杯かソフトドリンク2杯選べます。
追加ドリンクは瓶ものを除いて
アルコール¥500のソフト¥400なり。

f:id:boone428:20181123135038j:plain



チケットまとめ買いすると
1杯最大¥350まで値下がりします。
結構お得だと思うんだけどなぁ。

あとはクラブ遊びで学んだ方法で
「いかに女の子や出演者に奢り易いか」
これが結構重要なんですよね。

チケットまとめ買いだと
「これあげるよ~~~」的な感覚で
ほいほい渡せるので有効です。

最近は推しイベントにおいて
あらかじめドリンク100枚チケットを買って
最初の100杯を無差別に奢る
「ドリンク富豪」というのが流行ってます。

これ、売り上げ上がるし
物販の購買率も高くなってて
とても素晴らしいです!!!!!

つまるところお客さんって
チケットを買って、ドリンク代を買って
入ってくれるわけです。
その自分が使ったお金の使い道に
満足してもらえば良い訳で。

全然ライブハウスに勝機ありますよ。
むしろ夢しかないだろ。
全国のライブハウス店員に敬意を。
ライブハウスに遊びに来てくれる皆様に感謝。

あと歯、大切に。

じゃ、四谷で。