今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

世代交代(アナログ卓からデジタルミキサーに)

思えば何度「世代交代」を感じただろうか。

10代の頃はイキがって
おっさんはすっこんでろ!
俺たちの時代だ!!なんて
バカな事を思ったし

20代になると先輩が辞めて
俺達がある程度の責任を
もったポジションについて
世代交代か・・・と思ったし

30代になると
若手にその場を託して
自分は次のステージに行くって
パターンも多く見られるようになってきた。

アウトブレイクも14年の歴史で
色んなタイミングの世代交代を
見てきたんですが
先日、とても大きな瞬間がやってきました。



(反響が大きくて良い土産になりました。ありがとうGA)

今じゃライブハウスにアナログ卓なんて・・・
そんな時代でございます。
どこもかしこもデジ卓、デジ卓。
あ、デジタル卓の略称です。

本格的にライブハウスに導入されたのは
2000年ちょっと位ですかね。
その時はアホみたいに高価で
みかけるのも少なかったように思います。

ただここ10年で時代は激変。
9割のライブハウスはデジ卓でしょ?って位。
逆に若手PAさんはアナログ卓触ってません・・・
って人が増えてるんじゃね?と思うほど。

www.youtube.com
当時のデジ卓といえばTAMAHA LS-9だったイメージ。

そもそもナニが違うの??と言われれば
全部違う!!やべぇ!!!
しか言えないんですけど。。。

まずアウトボードの類が全部入ってる。
エフェクターとかコンプとか
メイン&モニター用のグラフィックとか。
PAが要塞みたいにラック積んでるじゃないですか。
あれが全部中に入ってる。
だからスペースとらないんですよ。

故にホールとかだと
その分お客さんの席が増えるんで
チケット売り上げも変わるんですよね。
これも一気に広まった理由じゃないかな。

そしてすべての設定がメモリーされる。
これが実はライブハウスで最大のメリット。

今まではバンドが変わる毎に
色んなツマミをメモってたんですよ。
このバンドにはボーカル大きく返して
こっちには鍵盤がいて・・・
みたいなのを。これが結構時間食う。
間違えたらリハと全然音が違うじゃねぇか!
とトラブルの原因にもなりますからね。

www.soundhouse.co.jp

(当時に比べれば高級機種の値段も落ち着いてきました)


そんないい事だらけのデジ卓。
なんでアウトブレイクは今まで
アナログだったかと言われれば
「好きだから」
これに尽きます。いいんだもん、アナログ。

ただ古い製品なので
修理がそろそろ難しくなってきた。
パーツがないし、トラブルも怖い。
ならば買い替えか・・・

となったらデジ卓以外に選択肢がない。
音はPA長沢御大が工夫して
アナログに近づけてくれる。うん。

という訳で導入いたしました。

便利さ、これが出演バンドの為になる。
ま~俺が言わなくても沢山のライブハウスが
バシっと証明している訳で。

ありがたくも惜しむ声を沢山頂きましたが
大丈夫、まかせてください。
いつものアウトブレイクサウンドになりました。

f:id:boone428:20181116212338j:plain
新しいお友達、qu32ちゃん。
高級機ではないですが(俺には十分高級機)
アウトボードは少し残してあるので
素敵な音にチューニングしていきます。

是非体感しに来て下さい!!!!
ただ僕は修行期間が必要なので
しばらく朝練習に没頭する事になりそうです。。。

じゃ、四谷で。