今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

106回目

昨日はギリギリシティー。
四谷では数少ないテクノ/CLUBに
特化したイベントでございました。

もちろんバンドもお笑いも。
今回で106回目の長寿イベントなり。

f:id:boone428:20181026160548j:plain

主催のフルサワさんはバンドにDJと
活動しながらも大きい会社に勤めてて
バンド活動と生きる為の活動を
ちゃんと確立できてて凄いよな。

その分完全に気がトチ狂ってる所とか
ポンコツな所とかも沢山あって
非常に人間らしくて面白い。

なんというか僕にとっての
ライブハウスが担う役目って
勿論シーンや文化の形成とか
若手の育成とかさ、そういうのもあるけど
仕事と音楽をなんとか上手いこと
折り合いつけてやってる人たちの遊び場
という側面も凄くある。

逆にどっちも折り合いつけれない
不器用極まりない人たちの
集合場所でもありたい。
欲しがりなのはわかってるんだけど。

www.ongakusyugi.net


そう!こんなインタビューを受けました。
大御所ライブハウスに混じって
ちゃっかりしゃべってます。
良かったら読んでね!!!!!!

幸いな事に色んな場面で
インタビューを受ける機会も増えた。
その度に自分でも新たな再確認を
何度も何度もしているのだ。

ライブハウスは人がすべて。
ただし音楽やバンドは残酷で
人だけじゃどうにもならない。

技術、才能、運、タイミング。

しかしそれも全て人なのだ。
人が技術を習得し、運をつかむ。
ん?スピリチュアルって来た??

いやいや結局は人なのです。

じゃ、四谷で。