今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ライブハウスの最高と最低

週末。
3連休全て現場仕事にオールナイトと
文章を書く時間がぜんぜんない。
現在、OPEN前のご飯高速で食べるタイム。
カロリーよりも文章を書く。

なんせライブハウスの最高と最低を
ドカーンとこの48時間で見てきたからだ。

金曜、四谷は大阪扇町と化した。

f:id:boone428:20181007150057j:plain
東京サックという企画だ。
大阪・扇町のpara-diceというライブハウスの
猛者達が大型バスに乗り込んで東京に来る。

イベントの歴史は長く、アウトブレイク開催は2回目。
僕の大好きなライブハウス。
「なにも無いんだけど、全部あるライブハウス」
それが扇町para-diceなのだ。

タイムテーブルを見ての通り東京勢を
交えながら朝までぶっとおしライブ。
さらにそのまま伊豆へ行って
温泉旅行をかますという
なんともまぁ、タフな企画。

結果、最高。

出演者のクオリティーもさる事ながら
全員が全員、ライブハウスを本気で楽しむ。
大阪が東京に乗り込む!という図式だけど
たぶん関係ない。
ライブハウスに本気な人が集まる夜。
もうそれだけで最高なのだ。

f:id:boone428:20181007150724j:plainフロアライブの1コマ。出演者との距離5センチ。
なんでこんなことになるんだ



当然、その本気を迎えうつ我々も本気。
ヤバすぎるタイムテーブル。
全バンドリハーサル無し。
それを嬉々としてこなす四谷スタッフ。
もうね、本当にこの人達凄いな、と。

で考えてみれば
ライブが最高、人も最高。
であれば自然とスタッフも最高の仕事ができる。
心の底からこのイベントを成功させよう!って
気合が入るんですよ。

お互いにお互いを信頼して預けてくれる。
これはライブハウス冥利に尽きます。


僕も仕事の合間を縫ってAndareでギター。
楽しかった。。。

これが最高体験。やっぱりライブハウスは素晴らしい。

そして最低なのがコレだ。
まぁ僕は体験している訳じゃないけど
とてもドヨーンとした気分になった。


興味ある人は色々遡ったらいいのだけど
要約すれば

①ブッキングライブの最後に出演したら
追加でもう1組の出演が決まっていた。

②さらにそれはテロワンマンライブと呼ばれ
入場料も違う(安い)し、予定してた終演後物販にも支障が・・・

③メンバーがブッカー(主催者)に怒る

という流れ。
自分の考えとしては全てはこのやりとりに集約されます。


ここから


こうなります。
僕もちょっと覚悟が足りなかった。
この話題はライブハウス全体の問題。
明方の脳みそでグルグル考えて



昔の事を思い出した。10年前位。
ブッキングライブ全5組の出演者。
トリのバンドが30分の演奏枠を
50分にしてくれ、と頼まれた。
お客さんの動因も見込めるバンドだし
確かレコ発を兼ねいていたんだっけ。

タイムテーブル上は余裕があったし
了承したんだけど
その流れを含め最後のバンドが
50分やりますというのを
他の共演者に伝えずにいたのだ。

当時の自分としては
最後のバンドだし、まぁいっかの
軽い気持ちでいたのだと思う。

その日のライブ終演後に
トリ前のバンドから滅茶苦茶怒られた。

「今日一日、同じ土俵で戦っているのに
無断で何故そういう事をするのだ」

その時にとても後悔したんだよな。
そしてどっちの出演者にも
申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
出演者に了承をとっていれば
起こらなかった問題だったし
なにより、最初からその話込みで
ライブに誘うべきだったのだ。


ライブハウスシーンはそれぞれが独立した国家です。
そこのルールがあるし美学がある。
でも俺達ライブハウスの店員が絶対に
守らなきゃいけない事は共通なはずだ。

自戒を込めて改めて

まだ歴史としても文化としても
浅いライブハウスなんてもん
適当な事してたら
そのうち誰も来なくなっちゃうよ。

しっかりやろう。

じゃ、四谷で。