今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

1週間住み込みギグ 5日目おしまい。

あっという間に後半戦だ。
ここまで来ると逆に気力が充実してくる。
同時にアイアムアイとカワノ君は
ある意味体力的に一番キツイ時だ。

f:id:boone428:20180714172640j:plain(ありがたすぎる差し入れ達)



要所要所でカワノくんが
アイアムアイを気遣って
行動している様子にちょっと感動。

freshlive.tv
5日目アーカイブです。

twitterトレンド入りを狙って午前中から
せっせとツイート祭。
皆さんのご協力もあってホットエントリー的には
あがってくるんだけどトレンド入りできず。
残念。とはいえこうやって自発的に
なにかやりたい!と動くアイアムアイは
やっぱり愛されるよなぁ。。としみじみ。

6:10:55~ カレーたべる。
6:44:09~ うるせぇ笑
6:49:05~ リハーサル

5日もいるとアイアムアイの動きに
キレがあるのか、ないのかの判断が
できるようになってきた。
この日はリハからキレがやや弱いか・・・?

7:47:05~ 顔合わせ

カワノ君の提案で普段リハ終了後に
出演者を集めて挨拶とかスタッフ紹介とかを
する時間の締めをアイアムアイにやってもらう。

出演者も仲間に取り込まないと
成功しないのがこのイベントだ。
この辺の気配り、さすがのカワノ。

8:52:00~9:27:50 

この日はトップバッターでの出演。
ライブの内容はバッチリ。
ただ、細かい事なんだけども
演奏時間をちょびっとオーバーしてしまった。

アイアムアイの楽曲は構成は決まっているものの
フリー部分が非常にたくさんある為に
盛り上がれば1曲が長くなるし、時間の配分が難しい。

ロックバンドであればMC含めて
5曲やれば30分、みたいな時間がある程度読めるが
アイアムアイはそれが出来ないのだ。

勿論目安はあるし体内時計もあるとは思うんだけど
厳しいようだけど、持ち時間を守るのって
とても大切なので終演後に少しだけ話を。

14:23:22~

持ち時間をビシっと守ってくれるバンドって
いざ!!!って良イベントに呼びやすいんですよ。
これが毎回時間にルーズなバンドだと
「このバンド毎回押すから今回はやめとこ・・・」
みたいな事になりかねない。

そんな話を少々。

16:00:48~

その流れで翌日6日目のセットリストを
4人で考えて決める事になりました!!
各々に考えた曲順から話し合って
挑戦的なセットリスト完成!!!!!

はてさて、どうなるのか。
こっちもワクワクです。
アイアムアイが「4人で考えたセットリストでやりたい!」って
言ってくれた時にちょびっと感動しちゃいました。

14:44:04~
カワノ君がアイアムアイに向けて作った曲披露
これはぐっとくる。ずるい、あざとい。

f:id:boone428:20180714172756j:plain(四谷っ子も駆けつけてくれる、元GCACのみなさん)



明日の最終日を迎えるにあたって
ちょっとだけ裏話をしておきます。

今回の1週間住み込みギグ、参加者を
募集したのだけど反応が薄かったんですよ。
それはこちらの力不足なんですけど。
それで最終的な落とし所として
もう俺が一人で住み込むか??とか
考えてまして。

そんな中、カワノ君からの紹介という形で
アイアムアイがエントリーしてくれました。

今だから言おう。正直に「まいったな」と思ったんです。
彼等の活動するシーンというかエリアが
僕とは全く違う、四谷にも出演経験がない。
仲良くなれるかな?という前に
自分自身が熱くなれるか??それが心配でした。

だからこそ、今回僕は裏の裏に回って
半ば強引にカワノ君をメイン同居人として
この企画をスタートさせる事になったのです。

イベントスタート前のプレイベントが終わったときに
カワノ君に言った言葉を覚えています。
「俺、絶対仲良くなれそうにない・・・」

www.youtube.com



配信やライブを見てくれた方は解ると思うんですが
あの圧倒的なテンションと芸人ノリ、そして
(否定する人もいるかもだけど)キラキラしてるように
見えるんです。なんかまぶしい。
俺の中央線アレルギーなのか、はたまた
ただの嫉妬なのか。兎に角不安要素しかなかった。

現在5日目を終えた所。
自分とアイアムアイの距離感はそこまで大幅に
狭まることなく(笑)順調に進んでいます。

f:id:boone428:20180714172843j:plain(この位の距離感が一番心地良い)


ただ1つ変わった点があるとするならば
アイアムアイに対して尊敬という
意識が芽生えた所でしょうか。

2人で盛り上げ師という活動をする事。
それなりに悩みを抱えている事。
しっかりとした自己分析が出来ている所。
それでも上手くいかず苦悩している所。

簡単に言ってしまえば
「俺達にはこれしかできない」
という諦め?決意?意思?運命?
良く解らないけど
「これしかないんだ」
という切迫とした気持ち。

そんなの誰でもあるじゃん!と言われれば
それまでですが、なにか強く感じるんです。

アイアムアイが
事務所の冷蔵庫に買出した食料を入れるとき
寝る前にフラフラしながら歯を磨いてるとき
お風呂に「行ってきます!」というとき
カメラの後ろにいる俺をそっと見るとき
朝起きて「おはようございます」というとき

全部笑顔なんですけど、俺はその奥にある
彼等の不自由さみたいなものを見てしまう。
そこにただただ尊敬しています。

f:id:boone428:20180714173710j:plain(もうこの顔つきではない。新しいアー写とろう。かっこいいよ、今の方が。)



アイアムアイで俺が一番好きな曲は
ラブソングという曲。

顔に似合わないおしゃれなコード進行で
淡々と状況を歌っていく歌。
月火水木金土日と単調に続くリフレインに
俺は日々の日常を強く感じる。

大きな事件も事故も起こらずに
ただただ単純に進んでいく毎日。
そこに不満はないんだけど不安はあって
恋人、家族、友達も同じ時間軸で
進んでいくはずなのに
月火水木金土日のリフレインを聞くと
自分だけ違う場所にいるかのよう。

人生とは誰かと同じ時間を共有する事だろうか?
一人は悲しい。でも一緒にいるのも面倒だ。
それでも好きなキミがいるなら
月火水木金土日は特別なリフレインになるのだ。

そんな事を勝手に深読みしてしまうのです。
この1曲が演奏される事によって
ガチャガチャしたアイアムアイの曲達が
とたんに別の曲に聞こえてくる。
そういう1曲ってありますよね。

そんな事を深夜に彼等に話してみたら
案の定ポカーンとしてたけど。
今日演奏してくれるかな、楽しみ。

次の日記を書くのは最終日が終わってから。
お昼12:00~ワンマンライブです。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

じゃ、四谷で。