今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ヒッチハイクギグ

f:id:boone428:20180627181123j:plain(昨日の参加者達。スタート直前、まだ遠足気分の元気な姿)



昨日はtwitterでお騒がせしました
ヒッチハイクギグでございました。
当日の盛り上がりはコチラでどうぞ。

togetter.com

まぁ結果として全組ちゃんと到着できて
事故もなく非常にスムーズでした。
女子率高かったのもあるし
距離も程よかったのかな。

トラブル無くてつまらない!って声もあったけど
そりゃ~時の運ってもんですよ、堪忍。
(前回は自分がヘルニア発症して地獄だった)

佐藤×かもめのジョナサン組の報告としては
本人がblogに書いてくれてるからコレ読んでみてね。


写真のどれも冷静にみると酷すぎて
こんなのよく密室の自分の車に乗せてくれたな・・・と
3名の載せてくれた方に感謝しかありません。


1台目は地元で買い物中の20歳ちょっとの好青年でした。
後に発覚するんだけど、偶然にも
ウチのスタッフりなちゃんの同級生だった・・・


2台目は東京手前に帰る途中の19歳青年。
名前はNGだけど写真はOK。
むちゃくちゃハイテクな車に乗っててびびった。
19歳相手に車内で必死に会話を弾ませ
(共通項があまりにすくなく苦戦)
最終的にお互い笑顔になれて良かった!!!


最後東京まで乗せてくれたのは
超シャイなおじさん。
葛飾在住で現場から帰る途中で拾ってくれた。

日本語がたどたどしいと思っていたら
ブラジルの方でございました。
それでもこちらの顔をじっくりみて
時には身振り手振りでお話をしてくれるので
凄く優しさを感じながら
(お願い、前見て運転してください!)
と心で叫び続けた。

無事3着でゴールイン。
色んなドラマあったからtogetter見てね。

togetter.com


さて、ここからは真面目な話。
なんでこんな企画やってるんだろう?と。
最初は思いつきでギャグだったんだけど
やればやるほど、今回の3回目で
解りやすく自分の中でも納得できた。

やはり1本のライブを行うのに
バンドの苦労というのは凄いのだ。
曲作って、練習して、メンバーと喧嘩して
彼女から疎まれ、両親から白い目で見られ。
同時進行で仕事をし続けなければならない。

しかし普段そんな苦労を自分語りしても
それはウルトラダサいじゃん。
好きでやってるんでしょ?で終わっちゃう。

でも俺はたった1回の普通のライブでも
そのバンドにはドラマが詰まってるのを知ってる。
解散、脱退、レコ発じゃなくても
毎回凄い数のドラマがライブには詰め込まれているのだ。

それを可視化させたい。
お客さんにも知ってもらいたい。
だからヒッチハイクギグなのだ。
強引だろ?俺もそう思うよ(笑

でも昨日1位で帰って来たThe Blue Screamのライブを
お客さんもバンドマンも全員で超盛り上がれたのは
きっとそういう事だと思うんだ。

twitterはじめSNSでも皆が気にかけてくれて
すこしは刺激を与えられたかな、とも思うし
これに触発されて誰かやらないかな~と思うし。

(今回もtwitterトレンド入りしてたって!)

なんかライブハウスの仕事を1つやったような
そんな気がしています。
ルールも適当だし、なんなら現場はいつライブが
はじまるかわからないし。
面倒ばかりかけてしまったけど、
そこは1つ!!ライブハウスとバンドの未来の為に
良しなに・・・良しなに・・・

次回は来年ですかね、お楽しみに。
皆様ありがとうございました。

じゃ、四谷で。