今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

土日から逃げろ。平日ライブのススメ。

さて今週が始まった。
月末に向けてドッタンバッタン
GWもやってくるので
ライブハウスはどこでも大忙しです。

みんなが休みの日に頑張って
みんなが働いている日に遊ぶ
この生活、悪くはないんだけど
「土日祝日」というものに対しての
感覚が世間とズレていくのも
ちょっと怖いんだよな。

イベントやりたい!って人は
ほとんど土日を希望してきます。
そりゃお休みの日の方が
集客もしやすいし、有給使わなくていいし。
色々と都合が良いですよね。

でも、最近思うのです。
世代によっても全然違うとは思うんですが
土日ってライバル多すぎません??

他のバンドのライブ
家族サービス
恋人とデート
次の日の仕事かったるい
家でゴロゴロしたい
溜まった録画の消化
自分の趣味に使いたい
サザエさん

考えただけでも山ほどあります。
そんなライバルに打ち勝って
自分のライブに来てもらわなくちゃならない。

だから最近平日にやる企画に
僕は可能性を見まくっています。
開始時間なんて遅くていいんです。
その分バンド数も減らしていい。
リハーサルも無くてもなんとかなるわい!
仕事を終えてダッシュで開場向かって
ライブやるの全然アリっすよ。

お客さんも休みの日にライブハウス行くより
仕事帰りに立ち寄って、飲んで家帰るほうが
意外と来やすいんじゃないか…?
もちろん、いろんな事情で難しいけど
これハマるバンドも沢山いると思うんだよな。

で、土日より会場費も安い。
バンド数少なめでも成立する。
なんならライブハウスの平日なんて
相談すりゃ、どうとでもなるんですよ。

だから勇気を出して企画を
作ってみませんか?
四谷アウトブレイク、柔軟すぎる対応で
皆様を待ってますよ!!!!!!

強敵からは逃げて、隙間を縫って
限られた時間とお金を有効につかう。
これも立派な作戦だと思うのです。

同じく、土日の昼間もそうですよね。
夜に予定があったり、遅い時間になるのが
嫌なお客さんにも優しいじゃないですか。
で、休日なんて大体ワクワクして
早起きしちゃうでしょ?
だったらそのままライブやればいいのよ。

そんな無理やりな提案でした。
興味ある人ぜひ、ご連絡ください。

折角だし、自分でもやってみる事にしました。
5月6日の日曜日、昼間がポッカリ空いたので
僕がギターを弾いて歌うロックンロールサービス企画として
お昼のイベントやりまーす!!!
タイトル「デイゲーム・ビリーバー」
明るい時間に飲んで、夕焼けと共に終わりましょう。

急に組んだんでまだ出演者が誰もいないんだけど
誰か出ませんか?(笑

じゃ、四谷で。