今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

1+1+1=3じゃない世界

昨日は孤高のイベントマン白石さんと
こちらも一筋縄ではいかないSSWメイちゃんの
合同生誕祭でありました。
ご来場頂きました皆様ありがとうございました!

付き合いの長い2人がこれまで
培ってきたライブハウスのお友達が
わーっと集合した夜となりまして
それはそれは幸せ空間でした。

普段は引き語りのメイちゃんは
スリーピースバンドverを初お披露目。
これからはバンドも平行して
やっていくということで楽しみです。

終演後、健気に事務所にきて
感想を求めてくれるもんだから
俺はうれしくてうれしくて
同じ話を何度もしちゃったよ。

ライブハウスの人を喜ばすには
受付でもPAでもBARの人でも
ライブの感想を求めること。
単純で笑っちゃうけど、そうなんだよ。

実は弾き語りの人がバンドになると
とたんに失われやすいものがある。
個人的見解だけど、それはグルーヴってやつで
一人で自分の中で簡潔していたリズムを
複数人で共有する訳だから
1+1+1となる訳です。

で、これが3になってはいけない。
音圧は3になってもいいけど
グルーヴだけは素晴らしい1でなくては
ならないのであります。

これはその昔、電気だったか
コーネリアスだったか
中学の時にロッキングオンジャパンの
インタビューを読んで出てきたフレーズ。

これは今でも俺の中に強力に
刷り込まれていて、SSWがバンドセットで
やる時にいつも思うことなんだよな。

そういう意味でもメイちゃんバンドは
これから挑戦する事が山ほどあって
でも音楽という中で挑戦できる事を
見つけられるってのは幸せだよなぁ。

自分の好きな事を挑戦するのに
年齢は関係ないけど
いつまでも出来る訳じゃないからね。

そういえば白石さんも
自分の好きな事に挑戦しつづける人だ。
この年齢がぜんぜん違う二人が
こうやってイベントやるのも
なんか理由がわかった気がしました。

深夜はHANDS CLAP GANGと
レコーディング1本。
むか~~し録音したリズムトラックに
音を重ねる予定がファイルが紛失して
最初から録音しなおすことに…
申し訳ない…ガックシ
パパッとやってくれた皆さんに感謝!!!
ありがとうございました!!!
反省の為、禁酒して筋トレを30秒。

じゃ、四谷で。