今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

何度目の春かは忘れてしまったけれど

最近、劇場/amazon primeを含めて
映画を見る機会に恵まれている。
なんと半分の確立で疲れ果てて
寝てしまうのだが、それはそれとして。


映画『グレイテスト・ショーマン』予告D


グレイテストショーマン、素晴らしかった。
(いきなり歌いだす以外は)
全ての困難はユーモアで切り抜けられる。
音楽の素晴らしさもそうなんだけど
大人数で素敵なメロディーを歌うって
それだけで最高!合唱コンクール出たい!って
気持ちになれるからオススメです。


映画『Cu-bop across the border』予告編


Cu-Bop across the border Cuba/New Yorkも
とても素晴らしかった。前見たときよりも
再編集、追加収録されていて新鮮に見れた。
高橋監督は縁あって何度かお会いしてるのだが
飄々とした静かな熱意に溢れる人。尊敬してる。
変拍子の中で畳み掛けてくるジャズピアノの
気持ち良さたるや!!!あまりに気持ちよくて
ちょびっと寝てしまった。でも気持ちよかった。

 

f:id:boone428:20180324220146j:plain


しかし、映画作るのって大変そう。

最近はドキュメンタリーを見る事が多いので
なおさら途方も無い量の映像素材と
それを繋ぎ合わせる苦労を考えただけで
この¥1800そこそこでいいのか?と
劇場で考えて高いビールを買ってしまうし
ほぼ無料で見てしまうamazon primeに関しては
罪悪感が生まれるほど。

それと同時にここまで好きを追求できる事を
とてもうらやましく思います。
それを形にできる技術と探究心に頭が下がる。
これは勿論バンドにも言える事なんだけども。

自分も同じくライブハウスという好きを
追求しているように思っているのだけど
これは恐ろしく形として見えてこない。
日々流れいく中でバンドの成長とか
笑顔で帰ってくれるお客さんとか
そういった瞬間の素晴らしさを
どうにか形にできないもんか。。。

そんな事を映画とか見ると思いますよね。

最近はボロボロに疲れて外にでると
空気がちょっとづつ春に近づいてるのが解ります。
何度目の春かは忘れてしまったけれど
また生きて迎えられて良かった。

さーて!!!そんなおセンチな話は置いといて
宣伝1本させてください!!!!

4/1のお昼11:30~今年初めて
ロックンロールサービスがライブやります!
このバンドは私が最年少の4人組で
愉快なロックンロールをオッサンが
良い顔しながら歌ったりするバンドです!!

俺の好きな3バンドでさくっとやって
その後はお花見にでも繰り出しましょう!
俺は仕事だけど!!!みんな楽しんで!!
場所は勿論アウトブレイクでございます。

笑顔のご来場お待ちしております!

じゃ、四谷で。