今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

【ライブハウスの使い方】ライブハウスと写真撮影

★過去にnoteにあげた記事をこっちに転載します。
理由は最後に書いてるよ!!!!

---------------

写真撮影とは
文字の通り。撮影スタッフとして入る場合が殆どだが
今日はお客さんがライブを撮影する事について。
バンド、会場によっては禁止ルールがある場合も多い。
基本、撮影後SNSにアップが1ルーティーン

-------------------------

ノルマ問題と同じく定期的に
幾度となく語られる話題であります。
宣伝してくれてるからいいじゃん!派と
ライブなんだから写真はスタッフに任せて
ちゃんと楽しめよ派が主流です。

でも最近、本当に思う所があってコレ書いてます。
僕の意見としては基本的には会場/バンドが
OKだったら良いと思うんですよ。
その辺はマナーわきまえてくれれば全然良いと思うし。
写真撮って~!SNSあげて~ってバンドさんも
多いですし。その辺はいいんです。

ただ、ライブで写真を撮影する人、特にフロア前方で
撮影する人は1つ大きな別の視点を持ってもらいたいと
ライブハウスの人間として思います。

キミが熱心に撮影している姿を
後の人は超見てるんだぜ・・・

という事です。
で、更なる確信をつくと「後の人」ってのは
今見ているバンドのファンじゃない人な訳です。
つまり「もしかしたらファンになるかもしれない人」なのです。
その人達から自分は超見られてるという視点を
持ってもらいたい!!最近凄く思います。

自分の好きなバンドにはビッグになって欲しいじゃないですか。
自分だけが楽しむ身近な特別にしておくには惜しいでしょ。

例を出します。本当に性格の悪い僕の話です。
知り合いのライブを見にライブハウスに行きます。
1つ前のバンドが熱心にライブをしておりました。
なかなかかっこいい。ほほう、どれどれと僕も
本腰をいれて見ようとする訳です。

ところが最前列のお客さん達は携帯片手に
みんな超写真とってる。
おおう・・・確かにボーカルイケメンだしな。
そうだよな・・・

はい!!この時点で興味うせた====!!!!!!
お客を調教できてないバンド、ダセ====!!!!
と思ってしまうんですよ。
多くのSSWと呼ばれる女の子達にいまいちピンと
こないのはそこも凄く大きい。本当。

正直、お金払って見に行くライブハウスにおいて
知らないバンドのライブをみて「はい!興味なし!」と
思う瞬間ってこんな些細な所なんですよ!!!!!
(僕は性格が悪いのであくまで僕個人の感想です)

で、最近逆のパターンもあって。
格好も派手でビジュアル系じゃないけどみんなイケメンで
ライブの振り付けとかもあって、本来なら写真撮影に
とてもピッタリなバンドの最前列のお客さん達。
見事に誰も写真とってないんですよ。
自分達で楽しんでる訳です。そんな姿を後方から見ていて
すげ~~良いバンドだなぁ~~~と思ったもん。

これは推測ではありますが、あのお客さん達は
ライブを楽しむのは勿論の事、後にいるファンじゃない
お客さん達の目線を非常に理解していたと思うんです。

「あたし達の好きなバンドはこんなに盛り上がってるのよ!
かっこいいのよ!!こっちに来て一緒に遊びましょう!!」
というメッセージを背中で送ってるような気がしたんです。
勝手な妄想かもしれないけど、結構感動したもんなぁ・・・

ライブハウスは自由な場所です。
色んな人がいて、色んなバンドがあって
様々な考え方があっていい。俺はそういう所が好き。

だからこそ、自分の好きなバンドのライブに遊びに行く時は
「自分の姿は他のファンになるかもしれない誰か」
に見られているんだって事を意識してもらいたいです。
どうか、かっこいいファンで居てほしい。
外見とかの話じゃないぜ、このnote読む皆さんなら解るはずだ。

ダサくてかっこ悪いファンのバンド好きにならないでしょ?
自分もその輪の中に入りたいなんて俺は思わないもの。

バンドの為にもどうか、厚かましいお願いですが
よろしくお願い致します。

-----------

以上が過去記事再掲です。
で、こんな問題を全部忘れてお客さんも
写真撮れるイベントあってもいいじゃん!
それならバンドと普段ライブ撮影を生業としている
写真家さんの対バンにしちゃえばいいじゃん!
という訳でこんなのできました!!!!

f:id:boone428:20180306161358j:plain

f:id:boone428:20180306161413j:plain

f:id:boone428:20180306161427j:plain
完全に1時間前の思いつきを
その場にいた仁侠さんと決めちゃいました。
さぁさぁどうなることやら?

お客さんにもバンドにもカメラマンさんにも
楽しんでもらいたいし、刺激になって欲しいし
問題提起は別にどうでもいいから
ライブハウスを楽しんで貰いたいと思います。

じゃ、四谷で。