今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

いよいよ本日献血ギグ!

という訳でいよいよ1/7本日、献血ギグです。

アウトブレイク前に献血車がやってきて
12:00~16:30受付で献血できます!
勿論、ライブも11:30~夜までやってます!!

献血してくれた方には先着でウルトラスペシャルな
特典をご用意しておりますので
フラっと!献血だけでも!勿論ライブも!!
楽しんで貰えたらと思ってます。

なんでライブハウスで献血なんじゃい!?
と言われれば

俺が好きだからだよ!!!!!!!!!

という以外ありませんが
超スッキリ、終わった後の多幸感バリバリ
後日血液検査の結果貰える
(しっかり休憩後の)お酒最高にうめぇ等
いろんなメリットがあります。

真面目な話をすれば献血の血の殆どは
血液が作れない病気の患者さんの為にあり
事故や大きい手術と関係なく
世界中で毎日不足してるのが現状です。

だから細く長く、みんなで取り組むべき事。
しかもある程度健康なら誰でも出来るし
なにより楽しいんだってば!!!!!!

もう病気の人も関係ねぇ!!!
楽しいんだよ!!!!!!!!!!!
しかも無料!!!!!!!!!

最高以外のなにものでもない!!!!!!
フラっとご来場&献血お待ちしております。

 

www.boone4649.work

www.boone4649.work

 

 

さて、話は変わって寄席ギグも続行中。
昨日は2日目でした。全バンド感想を偉そうに。

 

・MUYOKU

昨日の「業」を前面に出したライブとは反対に
ギターも変えてポップ、フォーク、語りの中間地点。
個人的にはこっちのほうが隙があってよかった。
アコースティックギターの音ってどうしても
ライブハウスだと硬くなりがち。
その辺も上手く処理されていて良かったです。
ただ、欲が出てくる。
昨日のギターの音で「業」ver.を聞きたくなったり。
でもそれ位、次が見えるライブ。

 

・音のくひとりかふたり旅

昨日の「なんか凄い事やってるけどわかり辛い」
「シーケンサーをお客さんがいじるんだけど
自分の出した音が良くわからねぇ」
問題をどうクリアするか楽しみでした。
音量感の調整とプロジェクターでの可視化で対応。
そういうプログラムをすぐ組めるの凄い。
後半はMUYOKUさんがアコギで乱入。
寄席ギグらしく、誰かを追加する作戦で
今日以降も攻めてくるだろうな、、起きるか?科学反応。

 

・工藤ちゃん

昨日のオケver.でも繰り返し言っていた
「バンドの方がかっこいいから!」の言葉を受けて
バンドバージョンでの登場。
うん、やっぱりかっこいい。気の効いた演奏と
ワーワーするメンバーの中で歌うボーカルは
バンド然としていてピタっと収まってる感じ。
ただアレンジが懲りすぎていてもう少しだけ
色々整理できるといいかな?と終演後偉そうに。
「SSWがバンドになった普通のバンドにはなりたくない」
と真っ直ぐに言った言葉が心に残った。

 

・乱雑天国

昨日、大好評だったお芝居。
毎日ストーリーが進んでいくと思ってた方も居たけど
実は毎日同じ話。小劇場の5日間公演みたいな形を
そのまま持ってきてもらいました。
しかし、同じ話と思ってあなどるなかれ。
微妙に違う所、増えるアドリブ、壊れていく出演者。
どこを見ても新しい発見がいっぱい。
初日と最終日、まったく違う物になってそうです。
ライブハウスでの演劇になれている乱雑天国だからこそ
会場全部を使った演出や四谷アウトブレイクをテーマにした
お話と見所満載。是非体験して欲しい!

 

・渡部俊介

良くも悪くもフラットなステージ。
本人のキャラ含めて淡々と寄り添う歌を。
出演者含めてしんみり聞いたフロアが優しい。
歌の強さってなんなんだろうかな?って思う。
鼓舞する、付き添う、突き放す、応援する
色んな形があるけれど、やっぱり
歌う人の声が歌う人の身体から響く歌が
強いしかっこいいし、優しい。
5日間でどこまで響かせられるかな~楽しみ。

 

2日間終わっただけだけど、色々見えてくる。
普段の毎日じゃ味わえない貴重な日々。
同時にイベントの弱点や改善点もアホほど
見えてくるから困っちゃうよな。

なんというか自分自身を楽しむ天才だとは思うけど
経営だったり数字だったり、そういう部分において
ぬおー!って思う事も多々あり。。

ビジネスマンになる部分と
徹底的に遊び倒す部分、これを小難しくなく
両立していかなくちゃ。

忙しい時ほど脳みそは回る。
さて献血車がやってくる。

じゃ、四谷で。