今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

寄席ギグはじまった

昨日は寄席ギグ初日のアウトブレイク初営業日。
さてここから5日間、同じメンバーでどうなるのか?
毎日同じ共演者というのはそれだけで
色んなグルーヴが生まれるのを知っているからこそ
楽しみでもあり、不安でもあり。。。

f:id:boone428:20180106102545j:plain四谷名物ゆいちゃん手書き看板、毎度気持ちがこもってて素晴らしい。

 

折角なので全出演者のライブの感想を交えながら。


・渡部俊介

去年末からソロになった旅人系弾き語り。
どきっとするような強い言葉で歌う訳じゃないけど
自然にそっと人に寄り添える歌。
初日なのかだいぶカチコチになっていて
緊張しまくっていた。なぜ・・・

 

・MUYOKU

今回の寄席ギグをやる!と告知したときに
やりたい!と挙手してくれました。
人間の業みたいなもんをギターと歌で
聞かせてくれる詩人に近いかも。
三上寛テイストと言えば簡単だけども
それだけじゃないナニカがたっぷり。
歌とギターの間にもっと隙があると良いんじゃ?
なんて偉そうな事を終演後ポロリ。

 

・音のくひとりかふたり旅

トモノカツミによるソロ。
その場で打ち込みをしながら曲を作るインプロ方式。
テンポ128のダンスビート故に即興でも聞きやすい。
今回は客席にも自由に触れるシーケンサー2台と
ツイートすると音色が変わるという参加型。
シンプルなはずなんだけど、そもそもシステムが
複雑なのと、お客さんがいじる音源の
ボリュームが少し小さくて「参加」の意識が少なかった。
終演後すぐに改善点を話し合う、2回目どうなるか。

 

・工藤ちゃん

本人はアイドルではない、と言う通り
僕にとっても良くも悪くもバンドマン、弾き語り。
恐らくどの出演者よりも毎日違う事をやる!と
テーマを持ってくれていて初日はまさかの全編オケアイドル仕様。
終始やりにくそうに悪態をつきながら歌う。
これ見て「あの子性格悪い!!」と思う人が
一定数いるのだろうな~と思いながら
やっぱり最後に披露された「君のいる町」で
げ、良い歌!!と皆が思ってくれたらいいな。
終演後リリースの話など。

 

・乱雑天国

今回唯一のお芝居枠。
演劇の素晴らしさは1日に対する姿勢であり覚悟。
この日も最初からずっと共演者のライブを熱心に見て
それを受けて最後、板の上に立ってくれました。
お芝居は10年後のアウトブレイクが舞台。
ネタばれになるから曖昧にしておきますね。
毎回勇気を貰う、笑いです。素晴らしかった。。

 

あと4日、毎日19時からやってます。
段々と共演者が重なってきて1つの大きな夜になる。
そう信じてやるイベントです。
これが未来に続くんじゃないかと本気で思ってる。
さてはてどうなることやら。

その為にはご来場の皆様の力が頼り。
ご来場お待ちしております・・・!!!

そういう不安に駆られる時にやってくるのは
我等がDJ急行先生

今年も一緒にヘンテコな事たくさんやりましょうね。
ありがとうございます。

 

じゃ、四谷で。