今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

【ライブハウスの使い方】会いに行く

ライブハウスにかれこれ13年居る事になる。
出演したり遊びにいったりするようになってからだと
20年近くになるのか・・・

そうなると、まぁ色々と知見もたまって来る。
そして現在バリバリのライブハウス店員って
同世代が意外と多いのですよ。
バンドマンと両立している人もいれば
この道1本の猛者まで。

という訳で現在ライブハウスで遊んだり
出演したりしている人に向けて
伝えたい事をたまに書いておく事にする。
誰かのヒントになりゃいいんだけど。

何度も同じ事言ってるんですけどね。

ライブハウスの使い方の基本

主にこれは出演者側に向けての話。


良いイベントに出演したい!とかさ
お客さんの沢山居るイベントに出たい!とか
若者が集まるイベントに!
女子バンド限定のイベントに!!
とかさ。

バンドがライブに出演するにあたって
ライブハウスに求める事って結構多いじゃん。
「いや、俺は信じてるんでドコにでも放り込んで!」
というありがたい話もあるんだけど
基本的には抽象的にでも
「こんなイベントを期待してます!!」
ってのがあるはずなんです。

だから折角出るならその要望みたいなものが
なるべく実現できる方が良いに決まってる。
それはやっぱりそうですよね。

じゃあどうすれば?

もうね、答えは1つです。
会いに行く。
これしかないんですよ。

何度も出演している会場でも
初めての会場でも会いに行くべし。

今はメールで音源も送れるし
YOUTUBEのアドレス送って貰えれば
こっちだって「この日が合うかな」なんて
考える事もできる。

うん、とっても便利。

でもこの方法だと「バンドが店に求める事」って
伝えづらいんですよね。
バンドによってそれぞれあると思うんですけど。

で、その求める事って最終的には
「面白い事やりたいんだよ!!」
って事に集約されると思うのです。

ライブハウスにおいて「面白い事」って
大体の場合ですけど、3つ以上のアイデアが
合体した時だと思うんですよ。
それでバンドマンやライブハウス店員が
持っているアイデアって1つの案件に
1.5~2.5個分位なんですよね。(完全佐藤調べ)

例えばこうやって宣伝したら?とか
こういうフライヤー作ろうよ!とか
このバンドとコラボしよう!とか
音源も作ろうか?とか。そういうヤツ。

例えばよくある感じの相談

バンド「なんか面白い事やりたいっす」
俺「そうだね」

バンド「こないだの新曲音源にして売ろうかと」
俺「企画やってみる?」

バンド「そうなんですけど、なにしたらいいか・・・」
俺「新曲、故郷がテーマだったじゃん?皆実家に帰ったら?」

バンド「は?」
俺「そこで映像とって合体させてYoutubeあげたらいいじゃん」

バンド「あ、うちリンコ農家なんです」
俺「よし、そこに皆で行って収穫手伝ってこい」

バンド「まさか・・・」
俺「そう、そのりんご付のCD売ろう」

バンド「まじか・・・」
俺「これから毎日リンゴの事調べてtwitterあげてけば?」

バンド「あ、じゃあ企画予定まで3ヶ月あるんでリンゴTシャツ作ります」
俺「いいね、安い業者紹介するよ。アップリケも欲しくない?」
バンド「うけますね!!物販にします!!」

俺「その企画さ、オープニングアクトでリンゴちゃんのコピバン出してよ」
バンド「あ~知り合いで・・・居ないっすね。メンバーに聞きます」
俺「2週間で見つからなかったら君達がやってね」
バンド「え・・・」
俺「さて、告知twitterを・・・」

 

まじでこんな感じだから。

 

本当にこんな感じでライブハウスに行くと
物事が凄いスピードで進んでいきます。
完全にノリ1発。でもあの会話にはボツになろうとも
3つ以上のアイデアが生まれました。

そう、アイデアって人と話してる時に浮かぶんです。
それもバンドマン同士というよりはスタッフと出演者みたいな
近い場所にいるけど関係が全然違う人と話すと生まれやすい。

だからバンドマンはライブハウス店員を捕まえて
会いにいくのを強く勧めています。

ライブハウスの特性

ずっと言い続けてるんですけど
ライブハウスって毎日色んなバンドとお客さんが
くるから情報がどんどん貯まっていくんです。

物販作るのに安い業者とか
こんなバンドが凄いグッズ作ったとか
うお!この送られてきたチラシかっこいい!とか
げ!!こんなヤバイイベントやるのかよ!とか

逆にマイナスの情報も沢山はいってきます。
どこのバンドがやらかした。
どこかのイベントでこんなトラブルが。
最近こんな悩みがあるんですよ・・・
みたいな相談事も含めて。

だからこそ、その大量の情報を租借した上で
バンドマンと喋れる訳です。
だからこそ旬なアイデアとか、バンドマンには
思いつかない方向からの提案とかできるんですよね。

 

ここから恐ろしい話

 

で、これは僕だけだと思うんですけど
その情報をすぐに忘れてしまうんですよ。。。
わざわざ「あのバンドにコレ言わなきゃ!」と
連絡するのって結構マレなんですね。

だからこそ、フラっと遊びに来たバンドマンと
喋ってる中で一番旬というか自分の中で
フレッシュなアイデアをだせる。
これで沢山企画作れたもんなぁ~~~。

逆に言えばライブハウス店員と喋ってて
アイデアとか刺激を貰えなかったら
それもう、ダメよね。店変えた方がいい。
これは結構マジな話。

つまり

ライブハウスに足を運んで欲しいのね。
四谷じゃなくたって全然いいんだから。
店員さんを思いっきり利用しましょう!(笑

 

じゃ、四谷で。