今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

【悪魔ラーメン】四谷荒木町 ふわふわ

先日の日記にも書いたとおり四谷に新しいラーメン店が。

初回に狂いっぷりを存分に体感いたしましたので

本日、再び行って来ました四谷荒木町「ふわふわ」へ。

11:30到着するとまずこの看板!!!

110502_113425.jpg

「本日悪魔ラーメン

まあヒドイの何のって

醤油っぱくて

喰えたもんじゃない」

えええーーー!!!ですよ。

そういえばGW中は毎日スペシャルラーメンだって

言ってたっけ。それにしてもこの看板はパンチあるぜ。

醤油っぱくて=醤油味がしょっぱくて

という意味と解釈しましたが、この辺の

センスで狂気を感じるね。間違いない。

そしてこの「悪魔ラーメン」は僕は全然知りませんでしたが

高田馬場辺りのラーメン通にはお馴染みのラーメンらしく。

OPEN前なのにすでに15人位並んでおりまして、盛況。

これは並ぶのが苦手な僕も並ぶしかない!!!

意を決して列最後尾に。

やること無いので携帯でtwitter

------------

「はんぱない殺伐感。外食で並ぶの苦手。怖い、早くこの列離脱したい!

でもラーメンは食べたい。四谷荒木町ラーメンふわふわ、ただいま15人待ち。」

「確実にふらっと寄ってみましたみたいな人がいない。

明らかに今日のこのラーメンを食べに来たという強い意思が行列から充満してます…

前の人のポッケから健康手帳らしきものが見えてる…そんなヤバイんか(笑)」

「まだオープンしてないんだ!どうりで列が減らない訳だ。

そしてラーメンのいいにおいしてきた!!並んでる人の顔が完全に戦士です、

二郎の行列にはない悲壮感がすげぇ。僕もきっと今そんな顔になってるんだと思う。」

「金髪パンク店長でてきた!『今日のは美味いよ!地獄だよ!あと5分!』との事。

なんか俺以外常連さんっぽい。怖くなってきた…」

--------------

僕の迷走ぶりがわかるでしょうか?(笑)

ふだん外食で並ぶこと無いんでソワソワしちゃって。

かつ並んでる人の目力がすごくて。

一種の悲壮感を漂わせた世紀末感がすげぇ。

二郎とかの行列ってもうちょっと戦場テイストな

殺伐感だと思うんですけど、挑戦!みたいな雰囲気の。

ここのはちょっと違う。討ち死覚悟の気合すら感じましたよ。。。

金髪店長さんの「地獄だよ!」っていう発言に

ピリリとひきまる空気。。すごかったです!!

そして12:00ジャストに無事オープン。

なんとか最初のターンに滑り込めました。

で、また店内に入ってからがカオス。

まぁ当然お客さんもお一人様なので

会話ゼロ。黙々とラーメンを待つ大人達。

しかも今日はメニューはこの1種類のみですから

オーダーする言葉さえもありません。

店員さんも人数を確認して麺をゆでるのみ。

時折「大盛りで・・・」という声が聞こえる程度。

そんな中店長さんが

「(このラーメン)初体験の人いるのぉ?」

と声をかけて下さいました。おそらく初心者のために

弱めに作って下さるのでしょうか、僕は思わず

手をあげようと思ったのですが

会場「シーーーーン」

重い!!!空気重すぎるよ!!!!

そんな中手を上げるタイミングを逃す俺。

「ふっふっふ・・・」と怪しげな笑みの店長。

し・・・しまった!!!!なってこったい!!!

これは腹をくくるしかございません。

そうこうしてるうちに出来上がるラーメン。

一度に5杯分位しかつくれないのでしょう、

まずは第一陣のラーメンが到着。

ズルズルズズズと麺をすする音と

パシャパシャと携帯カメラのシャッター音のみが

鳴り響く店内。なんちゅー光景だ・・・

僕も1点を見つめながら静粛にラーメンを待ちます。

そして面白いのがやっぱり店長。

店長「もっとしょっぱくしたい人いる~~?」

会場「シーーーン」

どんだけしょっぱいのお勧めするんだろう・・・

さらに追い討ち

店長「(食べ終わったお客さんに向けて)どう?美味しい??」

お客さん「おいしいです」

店長「ええ!??おいしいのぉ~~??」

しょっぱくて喰えるか!!みたいなリアクションを期待してたんですかね?

もう言動全てがエンターテイメント!!素晴らしい!狂ってる!!!

店内は良い匂いが充満してまして、空気の重さとの対比がかなりシュールです。

そうこうしてる間に、やっと僕のラーメンも到着!!!

地獄らーめん(麺200g) ¥800

見た目は普通の醤油ラーメン。チャーシューの代わりに

バラ肉の醤油煮(?)とネギと塩抜きしたザーサイ。

おそるおそる食べてみます。

うん。しょっぱい。とってもしょっぱいです。

魚介風味なしょうゆ味。油は限りなくゼロな雰囲気。

でも醤油!!っていうカドの強いしょっぱさじゃなくて。

同じ四谷でもしんみちどおりの「こもり」の醤油も濃いですが

そっちよりも技巧派かつ暴力的なしょっぱさ。

ナイフじゃない、ボディーブロー系の塩分ですね、これは。

麺は細く、若干のタマゴ麺でしょうか。

やや固めのちじれ面でスープが絡みます。

レンゲ使う出番なし、スープ単体で飲んだら

即死レベルのしょっぱさです。それでも周りの人は

どんぶりからガンガン飲んでます、スープ飲んでます。

間違いなく今、ここ四谷でもっとも塩分濃度の高い店。

医者がみたら卒倒レベル!!やばい!すごい!おいしい!!

ぶっちゃけ、まじめに考えたら味音痴の僕が食べると

「しょうゆ味の濃いラーメン」なんですが、どうもそれだけではない様子。

ちゃんと全部食べれたし。普通に考えたら残すわ、あのしょっぱさは(笑)

なんだろう、不思議。不思議なラーメンでした。

で、結論としては二郎が軍隊ならこっちは宗教だな。

そんな感じのラーメン。塩分過多による満腹感って

独特の雰囲気ありますね、これはハマル人はハマルな。

とりあえず今日はもう塩分とりません。

でもあのラーメン屋は好きだな。

あれくらい振り切ってないとダメだよ、やっぱ。

バンドマンは絶対食べて精神性を学ぶべきだぜ!

じゃ、四谷で。