今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

改めまして感謝の言葉とこれから。

いやーやっと落ち着いたな!!!

今日はメンテナンス。色々修理したり掃除したりしてます。

6日間、全ての出演者・関係者・その他皆さんに本当に感謝です。

全力で愛しています。皆さんが困ったら僕に言ってください。

全身全霊をもってサポートするから。まじで。

この六日間にはライブハウスに必要なものが全部そろってた。

素晴らしい音、うまい酒、良質なお客さん、泥酔者、ダメなやつ

空気読む奴、読めない奴、ライブ以外の娯楽、深夜のバカ騒ぎ

早朝の憂鬱、終わらないパーティーの予感。

そしてその六日間のピークは間違いなく最後の掃除の瞬間。

墨汁まみれのとんでもない状態のフロアとステージを

お客さん、出演者さん、ゲストの方、偉い人、みーーーんなで

掃除してくれている。だれも頼んでないのに。

もうね、なんちゅーか、四谷をアウトブレイクを佐藤を

愛してくれてんだなって凄く嬉しくて。もう泣きそうで。

この六日間を影で支えてくれたスタッフさんもたくさんいて。

無理な注文を聞き続けてくれた大工のクマさんや

当日真っ黒になって働いてくれたサリーちゃんや

タコ焼きを焼き続ける山さんとかさ。

なんの見返りもないのに、ただただ協力してくれた

その後、姿わすれません。

で、ゲラゲラと笑いながら集まってくれたお客さん。

ふらっと遊びに来てくれた友人達。

なにより過酷な六日間、俺を尊重して働き続けてくれた

スタッフの皆!店長秋元さん!!!!

もれなく愛してる。

皆がいるから俺がいるし、必ずその先もある。

俺達が選び続けているこの道は間違ってない。

そう確信できた六日間。

まだあの日の熱が残っていて

twitterとか色んな人の日記で書かれている。

その中の多くにアウトブレイクのスタッフを

褒めてくれる箇所がたーくさんあって。

どうだ!!!すげーーーだろ!ウチのスタッフは!!!

と誇らしい。嬉しい。感謝だ。

さあ、パーティーは終わらない。

明日からまたビッグなパーティーが続きます。

ではホシヲさんのコラムの1行を全力でパクって〆ようと思います。

「面白い事から逃げ出したくないだけだ、俺は。」

俺も!

じゃ、四谷で。