今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

【四谷】カレーうどん食堂のら豚屋【四ツ谷】

うう、昨日のライブの話もしたいが駆け足でこちらの話題を。

アウトブレイクの目の前に「のら屋」ってちょっと俺には

高いけど美味しいうどん屋さんがあってね。

キャラクターの猫っぽいのが可愛い店でさ。

とはいえ「うどんを食うぞ!」という時はカップうどんか

はなまるうどんに行っちゃうので、最近は足を

運ぶ事はありませんでした。近いのに、ごめんよ。

ほんで、最近そこが「カレーうどん食堂のら豚屋」ってのに

リニューアルしてまして。カレーうどん専門店かぁと

せっかくだから入ってみました。

メニューを見渡せばチャーシュー入りのカレーうどん

イチオシで写真だけ見たら二郎っぽいラーメンのよう。

チャーシューも1枚入りから6枚入りまでトッピングできたり。

カツカレーうどんとか、チーズカレーうどんとか美味しそう!

で、最初は一番ゴリ押しされてるのら豚カレーうどんをチョイス。

850円なり。そして、佃煮風の鰹節がまぶされているかつおご飯も

50円引きの100円だったのでオーダー。

これだけで950円だと・・・高い!!高すぎる!!!!

うーん、いまや205円あれば隣の100円ショップで米とカレーを

買って腹一杯になれる時代にこの価格設定。

うーん、でもまぁいいじゃないか。食べてみよう。

う、美味い!!さすがこの値段。ネギも凄くしっかりしてるし

チャーシューがラーメン屋の違って適度な肉っぽさ。

カレーに漬かってるのをみこして薄めの味付けなのかな?

非常においしい。ツユもどろっとしたいい感じのまったり感。

卓上の特製カレーペーストで辛さを調整できるので

入れてみるとスパイシーでコクがある!!う、美味いじゃないか!

久しぶりのちゃんとしたカレーうどん、さすがなり。

で、食べ終わったツユに米を入れて雑炊風にして終了。

うまかった、ツユにとろみがあるせいか異常な満腹感。

く、苦しいです・・・

それで、こんな経営素人がいうのもアレですけど

ちょっと残念だった箇所が幾つかあって。

当然カレーうどん専門店ってメジャーな業種じゃ

ないじゃないですか。だからこそ、こうやって食べるんだぜ!

こうやって楽しむんだぜ!っていうフォーマットがあってもよかった。

隣のトマトラーメンってそれが上手じゃないですか。

麺を食い終わったら、米を入れてリゾットにしましょう!とか

ビールも飲みましょう、特製から揚げ美味しいよ!とか。

ポップや店員さんを使っての「How to トマトラーメン」が

徹底されてるんですよ。

それに比べてココはそういうのが一切ない。

僕は最後に米を入れれば美味いだろうと。

そもそもカレーうどんのツユなんてガンガン飲めませんし。

当然余るけど、もったいない。じゃ、米だっていう発想です。

でもそれが店内にどこにも推奨されてない。

おまけに白米ってのもない!(見逃してたらすいません)

かつおご飯とか、チャーシュー丼とかばかり。

僕は最終的にかつおご飯にツユかけて食いましたけど

うまかったですよ。かつおの出しがパワーアップされてて。

だから、そういう指針というかカレーうどんの食い方!みたいな

道をあらかじめ示せばいいんです。そこからは俺達の自由だし

その為のサイドメニューの充実なんですよ。

そういうの楽しいじゃないですか、独りで行く楽しみが増えるってもんです。

あとは予想以上にボリュームがあったので、量を減らして料金を下げましょう。

その代わり安いトッピングを増やしたらどうでしょうか。

あのツユにフランスパン相当合う筈です。「うどん+フランスパン」そういう

新しいライフスタイルを提案すればいいんです!それぐらいの気合で

店をリニューアルしたんだろうに!中途半端が一番ダメ、突き抜けろっ!!!!

まとめると、僕なら今のうどんの量を三分の二に減らして料金を150円オフ。

替え玉50円、フランスパン50円、生卵50円のトッピングを追加。

これでしょう!!!どうだっ!!!!!

はい、興奮しました。すいません。仕事に戻ります。。。

でも美味しかったからつぶれて欲しくないんだよぅ。。

もっと俺も食べに行ける値段にして欲しいだけなんだ・・・

じゃ、四谷で。