今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

出れんの?サマソニ出演者発表。

でましたね、出演者発表。 http://emeets.jp/pc/ss10/ おお、知ってる顔もチラホラ。おめでとうございます!!! しかし今回のオーディション形式、遂に色々と物議を かもし出したような気がします。 一般投票という第一次審査、その後審査員を含めての審査という 流れでございましたよね。そしたら結局組織票あるやつが 強いんじゃないの??とかさ、この時期に以上にメール着たりさ、 もちろんそういった営業って「自分の音楽をたくさんの人に見てもらいたい」という 努力のひとつの形だから全然否定もしないし。エントリーしたんなら仕組みは 最初から解ってんだから、そこはちゃんとやろうよってのもあるし。 あんだけ大量のエントリー、一時審査の上位300位(だっけ?)に入るには どうしたってある程度の営業をかけなきゃ、ムリでしょ、どう考えたって。 で、この企画のスポンサーは「e+」さんでございます。もちろんアウトブレイクも お世話になっているプレイガイドの会社。平たく言えばちけっとぴあと同種。 裏の話するとぴあよりも手数料も諸経費も安いのでライブハウスに向いてる会社。 で、取引店舗には「ライブハウス推薦枠」ってのが与えられる訳。 そこでプッシュしたいバンドを推薦すると。そうすると一時審査が ちょびっとだけ有利になったりするんですよ。 で、まぁこれも別にいいかと思う。そういった恩恵を受けるバンドは それなりの理由と、そこに至るまでの努力があるからだ。 サマソニに限らずフジロック他夏フェスってインディーズバンドにしてみたら そりゃ出たいですよね、はくも付くし宣伝になるし、なにより楽しそうじゃん。 じゃあそのオーディションなら気合がはいる。 嘘か本当かフェスのオーディションにまつわる話なんて腐るほどあるじゃないですか。 そりゃ都市伝説ばりに。 でも僕は自力だけで夏フェスに参加したバンドをいくつも知ってるし 奇麗事だけじゃない運営もあるんだろう、と理解はしているのだ。 で、ナニを言いたいのかというと 審査員でもあった  のtwitterでのつぶやき。 きっと見てない人も多いだろうし、ここに転載しています。 --- サ マソニ出演コンテストのライブ審査なう。「出れんの⁈サマソニ」はまずは一般投票で票集めできたバンドが審査の舞台に上がれるという数の論理の元にあるコ ンテスト。故に組織票を集めることができたどうでもいいバンドばかりが上位。そこから漏れたものはどんなに審査員が評価しても対象外。 これじゃあ、はっきり言って審査員の意味はない。審査員を降りようと思ったが、来年以降もっとフェアなコンテストになるよう続行。だってめちゃくちゃ数集められるやつらは審査員の力とか必要としてないでしょ。投票制自体は良いと思うんです。だったら選挙みたく投票ですべてを決めたらいい。審査員など立てずに。RT @meshizimaryoko @keiichisokabe 投票が無意味なことはないと思います。現に組織票じゃないバンドはそれが励みになってたりしますし。 当 初、審査員のオファーを受けた時には「審査員の主観枠がある」という話だった。が、フタを開けてみるとそれも一般投票で300位に入ってることが条件と。 301位だと対象外。それが判明したとき降りることを表明したが、オレが審査員だから応募したやつもいるかもと考えて、続行することにした。 自分が関わる以上、良いコンテストになるよう最大限がんばる。過去に審査員をやらせてもらった2つのコンテスト、「ぴあフィルムフェスティバル」と村上隆さんの「GEISAI」は、参加できて良かったと今でも思えるしっかりしたものでした。 どうでもいいバンド、は言い過ぎました。が、一位は宗教がらみと聞かされました。今日のライブ審査に出ている人たちは、少なくとも審査員が300位以内から選んだバンドで、どうでも良くはありません。最上位のバンドはほとんど出ていません。 ---- ざっとですけど、こんな感じ。 やっぱりデカイフェスにはいろんな事情があるもんだ。 それを承知で飛び込むんだから、本気でエントリーしたバンドは 絶対がんばって欲しい、負けないで欲しいですね。 自分を多くの人に見せようという努力はかっこ悪いことでも 音楽に対して不誠実な事でもないと思う。 佐藤です。 前フリなげーよ!ばか!!という訳で昨日は飲み放題ひゃっほー! ちょっと重めかつエモな全5バンドでした。 個人的には初登場のMARLOCK?さんが超新鮮でよかった。 女子4人+打ち込みドラムによる激重なラウドバンドです。 すでに新Drさんの加入も決まり楽しみです。 重低音の隙間に見せるあどけない笑顔がかわいいのです。 華のあるバンドさんでございました。 そしてex)NO Daysの出口氏率いるThe Ghostが四谷に帰還! 思わず入り時間にお帰り!と握手。いや、お久しぶり!!! こういう再会があるから、長く続けなきゃなぁと思いますよ、はい。 さて、今日も濃厚。がんばります!!! と思ったらweb関係で打ち合わせの奴がこないじゃないか! さっそく説教モードに入る、ライブハウスだからってなめてんじゃねーぞ!(怒) 笑顔でしばく。 じゃ、四谷で。