今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

タイパンツ。

先日バンコクに旅行したバンドマンから御土産の

タイパンツを頂いたということで、涼しいので

昨日も履いて仕事をしていたわけですが。

スタッフ内では最強に怪しすぎて似合ってるという意見と

なんだかわかんないけど、似合ってない!という

意見に別れております。

悔しいから写真は撮らない。

佐藤です。

昨日は埼玉は鳩ヶ谷よりRealize Ambitiousさんが

新体制にて四谷に。実に3年ぶり??いやはやおひさしぶりです。

これがかっこよくて。ロック然とした感じと昨今のハイブリッドな

エモっぽさが上手に混ざったいいバンドでした。

10代のめんばーもいたりする中で、可能性も十分。

さすが鳩ヶ谷イズム。やるなぁ。。

あとは来月でちょっとお休み期間にはいってしまう

モグらいおんさんが休み前ラストの四谷。

別にしんみりした雰囲気もなく、いつものとおり(笑

とはいえ、名曲「春夏秋冬」が聴けて満足。

またすぐ帰ってきてくださいよー!

4 Marble Colorsさんが肉体的なロックライブを。

ドラムさんが変わってこちらも新体制。やっぱり

リズムが変わるとバンドもがらっと変わりますね。

駆動する感じというか、やることは似てても種類が変わる。

当たり前のことだけど、不思議。

そしてTwo Minutes Morningがラストを

びっちり飾ってくれました。夏バージョンという事で

夏の暗い歌をたくさんやってくれました。

あのかすれた声と小さな頃のリアルな原風景

例えば夏休みに坂道を自転車でかっ飛ばした時に

チラっと香る生ごみのにおいっていうかさ、そういう

かざりっけのない、ほんとの原風景。そういうのが

ボンボンとびだしてくる歌。やっぱり池田省一という

奇跡の才能は絶対に世に知らしめるべきと再確認。

さて、今日はzombie lolitaさんのワンマン公演。

リハからすげぇことになっておる。。。

じゃ、四谷で。