今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

いい匂い→納豆臭い。

昨日は深夜にWAGA-MAMA CITY BOYZが来四谷。 新作に向けてのレコーディング準備。 レコーディングの為のレコーディングってやつを手伝い。 やっぱすげぇなこのバンドと思いながら新曲も 幾つかその場で作成&REC。またワガママ流の 曲の作り方というかアレンジの仕方が面白くて ゲラゲラ笑いながらあっという間に朝となりました。。 そんなベースのサイテー君が持ってきてくれたのがこれ! 100213_233817.jpg ぎゃーーー!!納豆!納豆!納豆!! 中にはブルジョアクラスの納豆も!!! ありがたやーありがたやー!気がきくね、サイコー君に改名しよう! ひょっほーという訳でそのまま3パック一気食い。 これからしばらく、僕セレブですから。 そこんとこよろしく。 佐藤です。

さてさて、四谷アウトブレイクには様々なジャンルのバンドさんが 来るわけでその雑多な感じをブッキングという形でミックスするのが 僕の仕事でございます。ロック、パンク、ハードコア、ポップス、レゲエ DJにヒップホップ、プログレ、サイケ、カントリー、ヘビメタ、エモ、ラウド スクリーモオルタナグランジ・・・まぁ数限りない線を引くことすら もはや不可能な多彩さです。 そんな中、手を付けることの出来なかった領域。。。 そう「ビジュアル系」である。。 元々、ビジュアル系には専門というか特化したライブハウスが 数店舗あり、会場のキャパや楽屋の作り(コレ重要!)等 ビジュアル仕様になっており、そのノウハウや歴史から 彼等は大体数店舗の決まったところに出演するのが常識だったから。 オープン当初はバリバリのハードコアにビジュアル系が1ついたら 最高に面白いのに!!(音楽性も現在の彼等は非常にラウドで エモな作りのバンドが多いんですよ。ほんと。) と画策してみるも見事に失敗した記憶があります。 そんなトラウマからか、まったくビジュアルの世界は触れないで過ごしてまいりました。 そう、そして昨日遂にアウトブレイクでは珍しいビジュアルオンリーイベントが 開催されました。バンドさんとレーベルの企画だった訳ですが全10バンドの 超大ボリューム。お客様もコスプレ・ボンテージ・制服と多種多様。 兎に角、会場が常に良い匂い!なんだこれ・・・と驚きつつ。 そしてやはりビジュアル系にはビジュアル系の文化があるわけです。  オープンと同時にステージ最前列にはタオルの嵐。 お気に入りのバンドを見るための席取りでしょう。そして会場隅には 皆様の荷物がどっさり。ええ、ロッカー無くてすいません。。。 いやはや、普段とは180度違う店内に驚きました。 そして、お客さん同士しっかりと暗黙のルールがあるようで トラブルもなく、常に和気藹々とイベントは進行して行きます。 そしてオープンしてしばらくして気が付きました。 あ、明日バレンタインデーじゃねぇか!!!!!!!!!! そりゃ、気合いも入ります。皆さんたくさんのプレゼントを手に持って お気に入りのバンドさんの登場を待ちわびている訳です。 昨日言った「キュン死に」ってやつでしょう。みんな目がウルウルしとる。 そしてライブもまた、独特です。フリがあるんですよね。各曲に。 これは多少知ってましたので驚きませんでしたが、いやはや 色んなパターンがあるようです。面白そうなのでちょっと調べました。 とりあえずgoogleで「ビジュアル系 振り付け」で検索して 一番上のhttp://www.xxice09.x0.com/index.htmさんから 勝手に一部削除して転載。 ■コロダイ …いわゆるダイヴ。スタンディングにおいて、人の頭の上を転がる・・・というより、ヴィジュアル系の場合むしろ這って行くケースも多い。それを皮肉って、コロダイ改貞子ダイヴと言ったりするが、転がって進むより土台に与えるダメージが大きい。 ムックなどは結構凄いらしい(知らんけど)。時には、バンドによってはワンマンが最高に盛り上がった勢いで発生しちゃうときも。V系では、飛ぶ時には靴は脱がなければならないという暗黙のルールがある。 コロダイだと・・・?これは所謂普通のダイブの事でしょう。 ■逆ダイ【ぎゃくだい】 …主にインディーズライヴで見られる現象。逆ダイって言ったらヴィジュアル系ならではの文化。 スタンディングで、曲に合わせてステージに向かって飛ぶ、飛び出す、突っ込む、 というのがヴィジュアル系での「逆ダイ」。見てみなきゃわからないと思うけど。見ればわかる。 逆ダイの有無はバンドの雰囲気による。バンドごとに、逆ダイをさせるために存在する「逆ダイ曲」なるものがわざわざ用意されていたり。似たようなものに、目黒鹿鳴館で行われる「椅子ダイ」とか・・・。 があったんですけど、発射台用のイス撤去されちゃいましたね。 これは僕もわかりました。最前列のお客さんが飛び込む奴ですね。 ■咲く …曲や煽りに合わせて手を左右に開き、そして閉じる。右手と左手で、自分の前に外回りに半円を描いてください。・・・それです。絵文字で例えるなら"\(^o^)/゛な感じ。おそらくバンドマンに対する求愛行動だと思われる。起源については諸説あるが2002年発祥、Shulla常連らしい。 これもわかります。ヒラヒラするやつ。後ろから観てるとテンポ無視で かなり驚愕とします。そもそも誰が振り付けをするんだろう。 ■手扇子【テセンス】 …ノリ方の一種。ライヴにおいて、曲に合わせてステージに向かって手を「煽ぎ開く」「差し伸べる」「突き出す」などの行為。軟弱だとして嫌うアーティストも多い これは「咲き」とは違う・・・のか?? ■ヘドバン ヘッドバンギング。頭を上下または8の字に振る。 ある意味V系王道のノリ方。練習して上手くなるもの。 かつてのV系ではヘドバンと言えば前傾姿勢で上下運動が定番だったんだが、 最近のトレンドは、直立不動または仰け反って横振り。 リズムに合わせ(られ)ない人が多い気がするのは気のせいか。 また、ヘドバンなんて野蛮な事が出来ない人は代わりに手バン。 ヘドバンのタイミングに合わせ、手を交互に、上下にひらひらさせる。 肩を組んだり手を繋いだりすると安定感が増す。そこでエターナル系列から発生したと 思われる円陣ヘドバンなるものがあり、大規模なものはライヴハウス中を 埋め尽くすほどの大きな輪となり、愉快な迷惑行為として親しまれていたが最近みない。 手バン!!いらっしゃいました、そういえば昨日も。なるほどあれを手バンと呼ぶのか。。 たしかに手を繋いでる方も居ましたね、安定感がますんだ!円陣ヘドバンみたい!! ううん、奥が深すぎる。昨日見たのでなんじゃこりゃ!!っていうのは 逆ダイブから柵に乗っかってそのままの体制を維持するやつ。 あとで自分でやってみたらメチャクチャ難しかった。。。 ちょっと詳しい人ご教授下さい。 じゃ、四谷で。