今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

表現者

ここ数日のご褒美に納豆4パック一気食いしてやった。してやった!!

佐藤です。

昨日は感慨深く、楽しかった日。

まずはカラビンカさん。今日を最後にBa&Drさんの脱退。

カラビンカ自体はこれからも工藤さんが続けて行く訳で

すぐ夏ごろには復活予定らしいのだけど、1つの区切りを

四谷のブッキングライブで締めくくってもらうというのは

ブッキングマンとして非常に感慨深いものなのです。

ライブもあんなにステージで笑う工藤さんを見るのは

本当に初めてだったわけで。ちょっとぐぐっときました。

終わった後も四谷でよかったと言ってもらえて、

しきりに楽しかったといってもらえて、嗚呼よかった。

そして四谷きっての表現者「死神」さん。ドラムの叩き語りと

舞踏を中心としたライブを今まではやってきたのですが

それに新たにギター弾き語りのスタイルをプラス。

これがまたハマっていて、その後に展開するドラム叩き語りの

ポテンシャルを引き上げるという結果に。よかった!!

こんどお昼に池袋でワンマン公演、気になる方は要チェックや!

そしてその死神さんの紹介で初の四谷の地を踏んでくれたのは

ゴキブリコンビナートさん。噂では何度もその伝説を聞いていたので

当日は何が起こるか楽しみでヒヤヒヤでそれでも楽しみで。

素晴らしいライブでしたよ。総勢8人がノンストップのBGMに合わせて

歌う・踊る・叫ぶ・脱ぐ・暴れる。フロアもステージも境界線一切無し。

しまいには会場外から巨大な大道具が出現したり。

ストーリーはクリスマス前の持てない男の葛藤にはじまり~

ネタバレは割愛しますが、物語もちゃんと進行していくんですよ。

もちろん1つ1つは超ドアングラのエログロ含む表現なので

間違いなく嫌いな人はとことん嫌いな部類のものでございます。

でも僕が凄い!と感心したのはその1つ1つが重なっていく事での

ポップ感というか、職人気質というか、プロ根性というか。

30分というライブハウスでの表現をきっちりと全員が練習して

身につけて、やりきるという感覚。そこには当然ライブハウスの

大前提で「壊さない・時間守る・汚さない・汚したら掃除・お客さんへの配慮

・次バンドやイベントの流れの配慮etc・・・」を全て理解して実践してるところ。

これをただの変な人達とくくるのは、俺の感覚では間違っている!

とプルプル震えながら思いっきり楽しみました。

しかもこの30分のミュージカルというか演劇というかショーは

聞いたらほぼ毎回書き下ろしですよ。オケ作って歌詞かいて台本かいて

稽古してライブ。普通のバンドじゃまずない形態です。

いやはや、脱帽。一気にファンになりました。

ぶれない心に敵う物無し。

じゃ、四谷で。