今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ロックの神様

明け方、やっぱり吉野家

豚丼がなくなっている…

佐藤です。

昨日は「今夜、四谷の地下室で」ってイベントの今年最後分。

このイベントは僕が勝手に四谷シーンをもりあげようと

結構こだわってブッキングしている日でございまして。

ジャンルもバラバラなんですよ、毎回。

でも出演してくれるバンドにはそれぞれ確立された

音楽と姿勢があって。それをちゃんとぶつけて

化学反応をおこせたらいいな、と毎回やってるイベント。

当然、バッラバラの流れの中でお客さんの層も見事に

違ったりもするし、出演順だって普段トリでやれるような

バンドが1番目だったりするしさ。動員だって日々それぞれ。

だから当然狙いをしぼりにくいので、バンド側としては

やりにくいはずなんだよね。例えば若い年齢層の所で

やりたいとか、お客さんがいっぱいのところでやりたいとかさ。

だからそういうバンドさんには結構敬遠されるイベントなんです(笑

でもこれまでずっとやってきたのはやっぱり自信があるしね。

これが四谷のライブハウスだぜ!!どうだ!!みたいなさ。

自己中的な考えかもしれないけど、絶対楽しめる日なんですよ。

そんな中このイベントで育ったといっても過言じゃない?いいすぎかな?

_ _ _ _*と、このイベントで繋がってくれたスランキーサイド。

そして出演してもらいたかった、クズども。と1984.

これまた見事にバラバラだ!!お客も被らず、年代も被らず。

ただ1つ、この4バンドは本物であるってこと。それのみの共通項。

結果はどうだろ?楽しんでもらえたみたいだけどね。

特に_ _ _ _*は急遽ベースが脱退ってこともあって、

当初はキャンセルかなぁと色々相談していたんだけども

昨日は数人のサポートベーシストの協力を経て敢行。

結果は大成功じゃないか!

ちょっと感動だったのは、ギターのジンプル氏が最初2曲位かな?

穴を埋めるべくいつも以上の激しいパフォーマンスでさ。

普段なら完全に空回りなんだけど、昨日はそれが凄く必死で

途中モニターに足をかけて何度も何度もフロアに転げ落ちちゃうんだよ。

それでもお構い無しにドンドン登って、転んで。

それでもウオーとかいってギターをかき鳴らしてるんですよ。

PA横から見てて、ちょっと感動したなぁ。事情をしってるからだけかも

しれないけど、俺は感動した。なんだよ、全然みんな大丈夫じゃんって。

スランキーサイドもいつも以上に濃厚でいつも以上に音がでかい!!!

あのストイックな美しさ、みんなにも伝わるといいなぁ。

さてさて、当然終わって打ち上げも朝までガッツリと楽しみました。

しきりに今日は神様いましたよ!って誰かが言ってた。

同感だね。

じゃ、四谷で。