今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

キッカケは一瞬。

ここ3~4日間、どうも調子が良くなかった。

というのも色んな諸問題もあり、佐藤の

仕事モチベーションすなわち俺を構成する

99%の心意気が著しく低下してしまっていたのだ。

でも昨日の本当に一瞬で全てがパーっと

明るくなった。ほんとになんでもない一瞬で。

まぁ、そんなもんだ。

だっふんだ。

まだまだやれるぞ、やっていこう。

エックスデーが来るまでは。

佐藤です。

昨日はキタね。きたきたきた!!!

神ブッキング到来!連チャン!確変!!

とまらないアドレナリン!とまらないおしっこ!

うおおお!落ち着け俺っ!!!!

と言う訳で昨日は素晴らしい日となりました。

個人的に大収穫だったのはGCACさん。

前回のライブからその才能の片鱗を見せられたけど

昨日のライブはその実が少しだけ花咲いた感じ。

グランジ直系のギターに重くなったり疾走したりと

展開するリズム隊にボーカルがいいんだわ。

女子ボーカルなんだけど、力強くてちょっぴり

背伸びした初々しい歌詞世界で結構ソウルフルな歌。

全体のバンドサウンドのイメージは所謂ちょいヘビーな

エモっぽいよくある雰囲気なんだけど、このボーカルが

全てのバランスをまとめてハイセンスに仕上げてる。

まさに1+1=素晴らしい1って感じでビックリ。

あーこれが若い才能なのか…と絶句しました。

で、やっぱり他の対バンさんからも評判がよくって。

こういうのは誇らしくうれしいですね。

ほれ!我々のセンスも捨てたもんじゃなかろう!

と自慢したくなります。

そして初登場だったモグらいおんさんもよかった。

新宿シーンで活動していたバンドさんで、ひょんな

ことからアウトブレイクに漂着。新宿シーンに

くらべると四谷はもうちょっとごった煮で良くも悪くも

クセも強いし、流行最前線な感じじゃないのに

こうやってわざわざ乗り込んできてくれるのは嬉しい。

どうこのシーンに溶け込むか少し心配でしたが

凄くマイペースにライブをしおてくれて感謝。

楽しかったと最後に言ってもらえて安心しました。

へっへっへ!また来てもらいますよ!!!

そしてTHE DIRTY DUCK REVOLUTIONさん。

モトリー直系のナイスなバンドさんです。

最初アウトブレイクに来てもらった時はこの

四谷の雰囲気を凄く懐疑的というか、高円寺・新宿

とは違う雰囲気に合わないのかなと心配してました。

ところがここ数回、四谷のよさを理解してもらえたみたいで

スタッフ間や製作側とも良い信頼関係を築けてよかった。

毎回ハズレのない良いライブ。

こちらもハズレのない企画。

こういうのが信頼になるってことだなぁ。。。

勉強。

そして多火油機団さん。

毎度の事ながらたくさんのお客さんに

集まってもらってノリノリなライブでございます。

付き合いも長いのだけど、お互い1つ緊張感を

もって毎回接する事のできる間柄で感謝。

色々とお話。お話。お話。

というわけで打ち上げも大炸裂。

飲みたりねぇぞ!とこの日遊びにきてた

コヤノさんと飲み歩きスタート。

090819_020613.jpg

さすが元四谷の住人&新聞配達員。

四谷の全てをしる男でございます。

店を出て、どげんで飲んで、

荒木町ディープゾーンツアーへと繰り出しました。

お、おもしれぇ。。。

じゃ、四谷で!