今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

何気なくそこにあるもの。

って、結構重要。

アウトブレイクでは基本的に毎日看板を

外に出しているわけですが、これは

その日の受付さんによる手書きなんですね。

で、普段何気なく見ているんですが

これがクオリティーが高い。

090722_011318.jpg

色んな受付のスタッフの個性も出るし

結構その日の雰囲気に合わせて書いてたりさ。

おーここにも職人技が…!と改めて感心。

ありがたいことであります。

佐藤です。

昨日は恒例飲み放題!ひゃっほー!

バンドさんもロック、パンク、ハードロックと

様々。でも結構1本筋が通っていて

それでいて世代も様々。

個人的には四谷らしくってこういう日は

大好きだぜ!!出演の皆さんにも

喜んでもらえた様子。安心です。

まぁ、飲み放題の日だと、いつもの事ですが

終了後には陽気なお嬢ちゃんが大ブレイクしていて

うちのスタッフ女子に抱きつきまくってチューしまくってました。

昨日ほど僕も女の子に生まれたいと思った日はありません。

でまぁ、ダラダラしながらEDGE OF CLIFFの皆と

お話をしていて。彼等はまだ20代前半だっけかな。

若いのにしっかりとロックをやってるバンド。

埼玉から毎回来てくれているのもありがたい。

やっぱり1つの信念を持っている人ってのは

年齢関係なく喋っていて楽しいね。

バンドやるってのと生活するってのは

金銭面では交わる事がないと思うんだけど

(収入を得るという意味で)

違うところできっちりと交差できているバンドって

やっぱかっこいいよなぁ。

そういう意味でも音楽って、自分の人生というか

生活を豊かにするツールであるべきだし。

それが自己表現として成り立つならさらに

素晴らしい事だし。別にストレス解消の方法でもいいし。

どんだけ自分が自分の音楽に許されているか。

ここが重要な気がするなぁ。

じゃ、これをどうやってお金に変換していくか?って

なるとまた難しいですよね。

お客さんが欲しい

というバンドマンの純粋な欲求にライブハウスは

どう答えていくのか。

良い音楽をやりましょう

楽しい人生をすごしましょう

まだ、これしか言えないんだよなぁ。

答えはまだ先の先。

あー山に登りたい。

じゃ、四谷で。