今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

余は満足じゃ。

昨日のアウトブレイク弁当

090717_183246.jpg

四谷アウトブレイク裏手を少し四ッ谷駅

戻った所にあります、キッチンMyさん。

アウトブレイク弁当¥500.

日替わりなのですが、昨日もこの大ボリューム。

冷奴がついてるのが新しいです。

おそらく店主のおつまみの残りでしょう(笑

弁当を受け取りにいったら、「これらら銀座で

のむんだよー!」といつになくテンション高めだったし。

この量を僅か15分ほどで食べきる我々。

これぐらいできないと現場はつとまりません!!

佐藤です。

さてさて昨日は「今夜、四谷の地下室で。」でございました。

佐藤渾身の1日。いやあ我ながら神ブッキング。

来て頂いたお客さんも全然最後まで楽しんでくれて

いたのがてにとるように解かったので至福の瞬間でした。

まずは1番目Toteさん。

西東京のLEDZEPPELIN」

「下北沢のPINK FLOYD」等

色んな肩書きがあるんですが、サウンドは

60年代のソリッドなロックンロールとサイケな

ガレージサウンドとの競合が見事に昇華された

バンドでございます。オレンジからでるフィードバックが

うおお!ってなる感じ。これからの活躍は確実。

是非、四谷の星になってほしい!

そして2番目はVARISHさん。

こちらもロックンロールとサンプラーの合体音楽。

刺青だらけの強面のメンバーさんとは裏腹に

音楽は徹底的に優しくて、良い感じなんです。

これから少し充電期間にはいるということで

秋頃ですかね、楽しみにしております。

で、3番目にTwo Minutes Morningの皆さん。

ボーカルの池田さんは初めて見たのはもう12年位前か…

もーこれが最高にかっこよかったんです。

自由すぎるライブパフォーマンスと心に響きまくる歌

キヨシローと泉谷しげるが合体してボブディランとトムウェイツが

融合したような。。それでいて歌詞は労働者階級直系の

なんとも庶民でハードボイルドな内容でしてね。

会場全員がうわーって手をあげて盛り上がってた。

こんな光景なかなかないので、びっくりしちゃった。

やっぱ、いいものはいい。それだけだ。

んで、最後はスランキーサイドさん。

ダブルアンコール含めて70分の演奏(笑

鳴り響くマーシャルとゴツイベースとタイトなドラムの

スリーピース。これがなにからなにまで、かっこよくて。

本当にギターヒーロー。本当にギターの音。

これちゃんと皆も体験しておいて損はないと思うんだけど。

ビリビリくるぜ、ゾクゾクするぜ。ひゃっぽーだよ!

と言う訳で打ち上げもガッツリ飲。

こういう時の話って結構面白いし、核心ついてるし

おもしろいじゃん!という事で9月のマンスリーは

2P位ブチ抜いて打ち上げ風バンド対談でもやりましょう!

という流れになりました。うひひ、お楽しみに。

あと、忘れないようにメモ代わりに書いておくと

マンスリーのレギュラー企画でバンドマンの

お部屋訪問をやりたい。イメージとしては

TOKYO STYLE的な。古いかな?

我こそは!ってバンドマンは連絡ちょ。

じゃ、四谷で。