今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

情報は日々増えていく

世界の仕組みなんてどうでも良いけど

面白い物は沢山体験したい。貧乏性。

と言う訳で昨日教えてもらったカッコイイバンド

between the buried and me

をヘビロ中。おおお・・・フランクザッパとデヴィンタウンゼットを

足してような変態性と凶暴性と理性の塊だ…

興味ある人は検索したらすぐに動画がいっぱい出てきます。

よろしければ。

佐藤です。

昨日は恒例飲み放題。

こないだから深夜練習をちょいちょい

一緒にやらせてもらってるGOLDEN COILさんや

5月には2マンを控えるTHE NIGHT FLYERさん等

アウトブレイクに所縁のあるバンドさん。

やっぱりアウトブレイクに多く出演している

バンドさんってのは、やっぱり音作り1つとっても

慣れてるからね。こっちもやり易いし

良い音だったり状況が作りやすい。

それは各人の技術的な所もそうなんだけど

やっぱりコミュニケーション能力というか

慣れてる分、意思疎通がしやすいってのが大きい。

これがある境目で馴れ合いになると

それは弊害しか生まないのだけど

そのギリギリのラインで楽しくやれるのが

この店の良い所だと僕は勝手に思っている訳です。

アットホームで厳しい。

僕としてはそんな感じが望ましい。

誰でも知ってる有名なバンドが出る訳でもなく。

まだ4年、ビッグなバンドを輩出した訳でもなく。

それでもバンドの1つのホームで在りたい。

よくバンドさんに言うんです、というか自分にも言い聞かせてるんですけど

「別に毎月出演出来なくても良い、良いタイミングで

来てくれれば良い。いつ来ても良いようにアウトブレイク

最高の状態で潰れないように待っているから。」

うひゃー!俺かっこいい!!この余裕!!この不景気&競合店多すぎの

このご時世に!業界では新規参入のひよっこなのに!四谷なのに!!

っていう冗談はここまでにしまして。

昨日はKIRAさんが凄かったですね。

ツインギター・ベース・ドラムのジェフベック直系

インストバンドなんですが、最近輝きを増してきてます。

インストバンドって歌ないじゃないですか。

どうしても不利だと思うんです。特に対バンだと。

他のバンドのお客さんは絶対食いつけないんですよ。

歌を歌ってメッセージを感じて初めてサビが完成するっていう

概念(思い込み)って結局持ってるんですもん。

じゃあ、インストバンドはどこで戦うべきか?

なんかその1つの答えを昨日のKIRAさんは魅せてくれました。

唸るギター、叫ぶメンバー、ブレイクするリズムに

ハモるメロディーライン。コールアンドレスポンスとは

決して言えない実直な咆哮がライブを包んでおりました。

純粋に「うおおお!!!」ってなりましたね。

初めてのお客さんも「うおおお!」って言ってた。

ギターの美味しいトコ取りだったなぁ。

いやはや、改めてかっこよかった。

決して若くはないメンバーさん。でもあのパワーは

昨日のどのバンドよりもエナジー全開だったなぁ。

ほんじゃ、四谷で。