今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

来月3月はアウトブレイク4周年!

毎日カレー食べてるとクリエイティブになるね。

味の変化を楽しめるというか。想像力が働く。

佐藤です。

昨日はロックじゃなくてロックンロール!飲み放題!

ご来場、出演の皆様感謝感謝であります。

しかし、この飲み放題企画よく続いてるなぁと

我ながら関心しております。今年で2年目かな?多分。

ちなみに四谷地区のハイネケン消費量No,1です、当店。

こないだ営業の人が言ってたから間違いない。

いやぁ、毎月請求書見るのが怖いもんね。

とまぁ、身内ネタはこの辺で。

ライブハウスのあり方って人それぞれじゃないですか。

特にライブハウスも増えてきた現在において。

もちろんそれぞれの美学は是非尊重し合うべきだし

こんな割の合わない仕事をするってことは絶対に

みんな音楽好きだしね。

そんな中でやっぱりモチベーションを日々

維持して高めていくには自分を信じるしかないと。

そんな当たり前の結論にいつも行き着く。

例えば僕がずーっと試行錯誤してるイベント

「今夜、四谷の地下室で。」

このイベントはアウトブレイクの通常のライブの

枠をなんとか取っ払いたくて始めたイベント。

もちろん毎日僕達は真剣にブッキングしてるんですけど

この日は本当に我侭を言わせて貰っていて。

ぶっちゃけると「ただ僕が好きな音楽」の羅列なんです。

そこに生まれる軌跡を信じたいっていう、なんとも

表現するのが難しい日なんですよ。

裏を返すと「俺って良いバンドしってるだろ、うへへへ」っていう

自己満足の自慢なのかもしれないですが。

兎に角悩んだ。いまでも色んな日を作っていく上で悩む。

このバンドとこのバンドは一緒にしてもいいのだろうか!?

安易すぎやしないか?はたまた違いすぎやしないか?

いつも結構悩んでるんですよ、こんな顔して。

3月はそんな感じで悩みに悩んだ30日間。

4周年の変化と決意を感じに来てください。

スケジュールもなるはやでアップいたします。

じゃ、四谷で。