今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

yes we kill!?

BrianEnoStopGazaMassacre10Jan2009 音楽と政治の関わりあいについては 僕は正直好きではないのだけど。 ただ多くの意見・反論・批判が飛び交う中で 誰も真実など解かりはしない。 それでも武力では解決しないってのは 小学生でもわかるんじゃないか。 佐藤です。 昨日はROCKERS HiGH!!! イスウトバンド率高し。フュージョンテイスト、ロックテイスト 色んな形のロックがありましたね。 そんな中唯一歌アリのロックンロールをかましてくれたのは SWAMPIN' LUCKY JIVEの皆さん。 グラムとハードロックの美味しい所を抽出して NEWYORK DOLLSとかの雰囲気を醸し出す いかしたブルーズハードロックンロールバンド。 ロックの王道はいつ聞いてもカッコイイね。 ライブ開始のドーン!を聞いただけで OK!!って感じになります。来月はAC/DC ボンスコットの追悼GIGにも参加してくれますので その手のロック好きは是非。 で終了後結局飲みすぎて終電を逃した 我々は3丁目の白○屋へ移動。 いきなり店員にキレられるという意味不明な 事態を乗り越えて飲酒。
090122_030502_M.jpg
そこで出た話題「ブッキング」の事。 ブッキングに教科書なんぞある訳もなく 同じようなジャンルのバンドを集めれば言い訳でもなく 集客やバンドの相性やサウンドの方向性や 活動指針etcそのバンドの様々な要素を 総合的に見て組み合わせを考える。 その組み合わせはもちろん、いつも実現するものではなく バンドのスケジュールや条件によって妥協を余儀なく されることも少なくない。 ただそういった中でもその日集まった皆さんには なにかを持って帰ってもらいたいわけで。 その為に良い仕事を僕はしなくちゃいけない。 机にかじりついていれば言い訳でもなく。 バンドと飲み歩いていれば言い訳でもなく。 色んなところから色んな信用を勝ち取っていかなきゃ。 ナニをするか、ナニを選ぶか、ナニを信じるか。 仕事のようで仕事ではなく、決まっている事なんてない。 それでも日々数字だけは僕を追いかけてくる訳です。 ま、つまりはもっと働けよ佐藤ってことですね。 お店も僕も死ぬまで生きるってこと。 で、昨日出演のこのblogではお馴染みのナポレオンの Dr平野さんはいつも曲順表とかに落書きをして 持ってきてくれるのですが昨日のは自画像。 似てる。上手い。音楽が上手な人は絵も上手だ。 かっこいいなぁ。
090122_151014_M.jpg
じゃ、四谷で。