今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

先日

プロの料理人をかっこ良く言おうと思って

思わず出た言葉が「フードプロセッサー」。

粉微塵にしてどうすんだ。

佐藤です。

先日PAをやってからというもの、音に対する欲求が高まる。

毎度PAさん達を質問攻めにしては終電に乗せない日々。

飽きが早い人間だが、これは長続きしそう。

というわけで専門書類もコソコソ読んでおります。

勉強たのしい。

深夜練習に付き合ってくれるバンドも増えてきて

今年はやったるぞー!と意気込んでおります。

いやね、最近色々ありまして。「死」っていう物にたいして

ちょっと過敏なお年頃なんですよ。

人間いつ死ぬかわかりませんもんね、本当に。

これを現実レベルで突きつけられるとグルグル色々考えて

思考が「じゃ楽しもうよ→なにやっても意味無いじゃん」を

ループして10周目位で思いました。

それでも目一杯やらないと。

限界までやってやらないとですよね。

と言う訳で新年ボケもおさまって

フルスロットルで回転していこうと改めて

思った次第であります。

仕事としてのライブハウス

遊び場としてのライブハウス

社交場としてのライブハウス

飲み屋としてのライブハウス

コネもカネも無いけど

ライブハウスの人間として

一人前になりたいなぁ。

じゃ、四谷で。