今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

踏ん張る男。

人にはそれぞれ事情がある。 マーシーの名アルバムであり、僕が とても好きな言葉。 どいつもこいつも欠点を抱えて生きてる。 そして誰しもが素晴らしい個性と力を持ってる。 それを上手にやりくりしながら僕達は生きてるんだ。 そのバランスを崩すのは大抵の場合 自分自身であり、それを良く理解している。 一昨日の三上寛さんはこう言った。 「叫んでる奴の言葉は叫んでる奴にじゃないと届かない」 こないだ佐藤も久々に叫びました。 届くか、届かないか。 人にはそれぞれ事情がある。 じゃ、四谷で。