今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

ギターを同じ理由で2度も盗まれた男には、なんらかしらの幸福があってもいいんじゃないか。

ミュージシャンは物を盗んじゃダメだ。 盗むのはあなたの心だけ。 アイタタタタ!!!!!!!!! 佐藤です。 昨日はトモハルpresents。 主催のトモハルさんはアウトブレイクにバンドとしても お客さんとしても、たくさん来て頂いている方。 初企画にアウトブレイクを選んでもらえて凄く光栄でした。 チケットもドリンク込¥1000の出血大サービス。 濃いメンツで皆さん楽しそうでしたね。 このね、イベントってヤツは非常に奥が深くてね。 その日のお客さんの満足度ってのは1番なのは 当然の話なんですが、その後当然お金の問題があり。 収支を合わすのって大変なんですよ。 どこまで主催者が赤字覚悟でやるか。 もしくは黒字計算でやるか。 その黒字・赤字になんの意味があって なんの結果をもたらすのか。 色々考えてバンドさんやら値段設定を決めるわけです。 そんな中昨日は見事なまでにお客さんと主催者の 楽しみを追求した設定だったんじゃないでしょうか。 すごいなぁ、僕にはここまで出血大サービスはできなそう(笑 最後のTRIO THE GODFREEさんの異常な盛り上がりが 昨日の全てを物語っていたように思えます。 お酒もとってもたくさん売れました!!あざーっす!! 終了後の打ち上げもアットホームな雰囲気でね。 もーベロベロな人もいたけど凄く礼儀とマナーをわきまえた 素敵な音楽人ばかりで大変楽しかったであります。 主催のトモハルさんはじめ、出演者の皆様お疲れ様でした。 あと天下のヘルメットブzルーズバンド、ブルモビこと Bluez Mobile Preservation Societyさんから 新譜を頂きました!!! ---------- 真っ当なレコーディング技術を駆使して作られた前作から一転、 完全1発撮りによる正真正銘ガレージブルーズパンクアルバム。 デッケネkill the poorも真っ青の名曲「貧乏人」や 手垢のつきまくったギターリフに小学生でも合唱できる 必殺のサビが奇跡の「BoomBoomGirl」等聞き所満載! すっかりお馴染みとなったオープンE&スライドギターと 凶暴なファズトーンは勿論健在。前作より音質的B級度が 増したものの、メッセージ性や哀愁度では間違いなく本質へと近付いた 最後に収録されたズッコケ&間抜けな童話的演奏に 「生きてるだけなら犬でも出来る、そいつが一番ややこしい」と 片足を失くした肉体労働者の吐息曲「ビッコの土方」は 思わずその悲しみと希望の質量に深く心に刺さるだろう。
5曲16分、人それぞれブルースの定義は違うだろうが 僕は彼等をブルーズマンと呼びたいよ。
佐藤boone学 ----------- じゃ、四谷で。