今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

映画。

映画は観るのが苦手だ。わざわざ窮屈なイスに座って

2時間近くも沈黙を強要され、ビールも満足に飲めず

トイレに行く事も禁止され、2000円近い金をとられる。

それなら畳でゴロゴロと飲んだくれて小さい画面で

いいじゃないかと思う。トイレにいくのも冷蔵庫へ行くのも

自由だ。おまけに途中で止めたっていい。

だからせっかくの休日に映画に行こう!なんて

考えが理解できなかった。心が狭すぎるんだろう。

で、これだ。

映画「未来を写した子どもたち」

http://www.mirai-kodomo.net/

11/22から銀座スタートで上映されるそうだ。

2004年にアメリカでアカデミー賞かなんかを受賞して

色々あってやっとこさ今年日本で劇場公開との事。

水道橋博士の日記

http://www.asakusakid.com/diary/0810-ge.html

10/25の日記に詳しい事が書いてあるので

読んでみるといいかもしれない。

ま、何が言いたいかというと自分の恵まれない環境と

もっと恵まれない人の環境を比較対照として

自己満足して考えたフリして今の日本に生まれて

ラッキー!とか思っててどうすんだと。

だからといって「恵まれない環境の人達を救う」運動を

スタートさせるかっていったら実際やらないからね、多分。

それでもこの映画は映画館で観てみようかしらと

思ったんであります。そう決めたのは町山氏のこの一言。

「子供時代は、ファンタジーであり、

 世の中に妖精や王子やお姫様がいると信じられる時代なんだ。

 でも、それを与えられる子供たちは人類史のなかでもレアで、

 世界のほとんどの子供達には少年時代すらないんだ」

がーん!ですよ。少年時代すらない少年!

とにかくこの映画を観なくてはいけない気がするんです。

そういう気分になったって事はこのタイミングで見ろってこと。

いつまでもあると思うな、俺とライブハウス。

佐藤でした。