今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

夜風が身に染みる

風邪、はやってんなぁ。 佐藤です。 昨日はアウトブレイク恒例狂った果実 昭和/歌謡/レトロを軸に多種多様なアプローチで 全5バンドさんに集まっていただきました。 ヒルサロさんの純な昭和ムード歌謡。 JORRY vs Cemetery Orchestraさんは ホラーポップとロカと歌謡のミックス。 初登場の浪漫☆喫茶さんはGS風味を チラリとみせたイケメンエンターテイメント。 橘あゆみ&瑠璃色天使さんは ゴージャスでセクシーな昭和モダン。 そして久し振りの多火油機団さんは ロックを軸にして和製哀愁ハードサウンドでした。 こうやってキチンと統一した日が作れるのは お店として嬉しいもんですね。 やったぜ!みたいなのがリハの時から充満してます。 こういう時はお客さんも帰らないし、良い感じで 1日が終わるのです。 それで先日アメリカツアーを無事終了した 爆紅の皆さんも遊びに来てくれました。 アメリカ珍道中のお話を聞きながら 今後の作戦会議を少々。 おもしろくなるといいなあ。 ま、アメリカシーンと日本シーンの違いもね 興味深いです。国民性や値段/経費/システムを 考慮してもね、まだまだライブハウスとして やれる事はあるおなぁと再確認。 がんばるぞ!っていう感覚よりはもっと楽しみたいぞ!という 欲求が強くなってきた。その為にがんばる。 お、俺大人っぽい発言。 じゃ、四谷で。