今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

夏の奇跡は何度でも起こる。

ダダカン先生の個展というか展示というかあるみたいですね。 絶対いくぞー! dadakanten1.jpgdadakanten3.jpgdadakanten4.jpg 佐藤です。 昨日はSTEREO BLASTERSさんを USAからお迎えしてのライブ。 日本勢はアウトブレイクが誇るベテランバンドの 皆さんをお呼びしての一日でした。 皆さん、さすがに上手い… 基本ブルースロックをベースとしたバンドさんが 多かったのですが実にハモンドオルガンが3台 持込という現場的には色々悩み多い夜だったかな。 いやーかっこよかったですよ。 キャリアというのは非情な程に実力です。 ドラムだったら8ビート。 ギターならチョーキング ベースなら一音の粒。 鍵盤ならそのリズム感。 どれもがプレイヤーなら当たり前にできる行為。 しかしその行為が明らかに違う、上手い、かっこいい。 凄い匠の技を拝見しました。 そして会場も時間を追うごとに熱狂的な盛り上がり。 歓声が自然と上がるのは良い夜の証拠。 凄く楽しかったです。どっかのアメリカのバーみたいでした。 そして終了後はツアーを終えて今日帰国してしまう Djizoesの面々や台湾ツアーで一緒だったダムダム団や 久し振りにお会いする内核の波の皆さんも 遊びに来てくれて大宴会。もー収拾が付かないほどの 盛り上がりでしたね。案の定ダムダム鈴木さんは酩酊。 「俺は帰るんだ、帰らなきゃいけないんだ…」と呟きながら 何時間いたんでしょう。無事帰宅できたのかな。。 台湾のお土産話おもしろかったです。 夜も更けて朝前には完全に酩酊した僕と PA長沢は夜の四谷の街に飲み込まれていくのでした。 本日の長沢語録。 (赤信号を無視して危うく轢かれそうになった時に) 「うぉっ!!あぶねぇな!!!・・・・俺か。。。」 じゃ四谷で。