今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

四谷→西川口→渋谷→新宿

嫌なニュースが多いね。 佐藤です。 昨日はなんだかあっちゃこっちゃを 走り回っておりました。 夕方に後ろ髪を引かれつつ店を離脱。 その足で西川口HEARTSさんへお邪魔しました。 鳩ヶ谷Cargoさんとの共同企画ということで アウトブレイクにも出演しているスロウイングライフさんや GOLDEN COILさんの応援に。 地元を盛り上げようぜ!という主旨の元開催された イベントですが、やっぱり良い意味での「地方」という パワーに溢れてましたね。 実際はちょこっとしか顔をだせなかったんですが あの雰囲気は中々東京では味わえないものでした。 1つのライブハウスというシーンを作る事の 大切さというか、重要性をみんなが理解している。 あの空気はすごく羨ましい。。ちょっぴり悔しい。。 ハーツブッキングの岩田さんともご挨拶。
オス!勉強させてもらいました。
080730_192908_M.jpg  
で、本当に僅かな滞在時間(関係諸氏すんませんでした) でガガガとビールを飲んで何故か「よいしょー!」の 掛け声まで他所様のお店で叫んで一路渋谷へ。 爆紅さんの3マンライブ渋谷O-EAST なんとかギリギリで間に合って会場内へ潜入。 ・・・3歩歩くごとに知り合いと遭遇するという密集率。 会場も満員御礼でございました。凄いなぁ。。。。 ライブもね、さすが本番に強すぎるバンド爆紅ですよ。 会場の空気を1つに束ねて「らしい」ライブを展開。 ああいう大きな会場で臆する事無く堂々とした ライブをやれるのはバンドの強みですね。 小さな会場で見るのとはまた違うスケール感が燃えます。 で、照明だったり会場の巨大モニターだったり、雪が降ってきたり レーザー光線が出まくったり、煙の柱がボーボーたったり 最後は爆発&テープが振ってきたりと豪華な演出。 こういうエンターテイメントが本当に似合うバンドになりましたね。 何度か涙を堪えるメンバーの姿を確認しましたが こちらも熱いものが胸に込み上げてまいりました。 やっぱりこういう大きな会場でのライブとなりますと それなりに時間やお金や労力を必要とします。 それに伴って関わってくるスタッフの数も跳ね上がります。 そういった関係要素が巨大になればなるほどに バンドとそいて演奏するという行為以外の わずらわしい事やしがらみが増えてくるのは当然です。 僕は裏方の人間でありますからライブ中も当然に 「あーこの演出はこうだなぁ」とか「音がああだなぁ」とか 邪推に思いを巡らす事もあります。 でもそういった多くのしがらみをのりこえて行われる ライブというのはやっぱり「純粋」なんですよね。 そこには音楽家、エンターテイナーとしての100%が出てしまうんです。 昨日のライブはまさにその100%を見れた気がします。 爆紅らしい素敵なライブでした。メンバーの皆様、スタッフの皆さん おつかれさまでした。楽しかったです。 その後はハンズクラップのシュウさんと飲みいくかー!と 話をしていたものの気が付いたらURGAのゲンちゃんとサシ飲み。 ライブハウスのいろーんな話をしておりました。 いやぁ俺たちもまだまだ頑張らないといけないね。 お金、近日中に返します(笑
じゃ四谷で。 bakubeni.jpg