今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

POWERNUDE!!!!!!!

忌野清志郎、ガン再発のため夏フェス全キャンセル ああああ・・・・・・ 衝撃の新機種「パチスロ THE BLUE HEARTS」登場 ああああ・・・・・・ きっと権利を持っている会社がやるわけじゃないですか。 BOXセットだったり再発と同じような構図だと思うんですが。 凄く負けがこんでいるときに「あなたにも~がんばれー!」とか 言われたらすげぇ複雑な気分になりそう。 全国のギャンブル好きのバンドマンの皆さん、気をつけて。 佐藤です。 一昨日はTHE POWERNUDEさんのワンマンライブ! しかも1部は過去の音源からのリクエストという事で 貴重なライブだったんじゃないでしょうか。 過去の音は現在のALL MIGHTYやWiLD HEARTS等の ポップでヘヴィーなロックンロール路線とは少し違った メタル主体なサウンドでボーカルの森川さんも ハンドマイクでスクリィーム!!&シャウトォォォ!!!! うわーかっこいいー。パワーすげー。 途中Dr沢木さんの足がつったりとハプニングもありましたが 2時間30分の濃厚なライブでした。 終了後は恒例の打ち上げも開催されます。 夏なのに鍋。これはアウトブレイクOPEN以来の慣例です。 森川さんとANTHEM裏話や音楽の話をする中で
KISSの偉大さとWiLD HEARTSの偉大さをお話。 楽しかったです。普段はボーカルの練習してますか? という質問に「してないよ!」と笑顔。 じゃあそのパワーはどっからくるんだ… で話してて思ったのが、音楽というか、バンドってそのバンドを説明する時に
ある程度の例えが用いられるじゃないですか。 ビートルズメタリカを足したようなバンドとか チープトリックをもうちょっとメタルっぽくしたとか。 そんな中でKISSを表現する時になんていうのか っていうと、KISSはやっぱりKISSだった・・ ロックでポップでエンターテイメント。 ポップという感覚って結局バランス感覚だと思うんです。 親しみ易いメロディーやキャッチーな楽曲とか かっこいいメンバーとかカワイイ女の子とかじゃなくて いくつかある要素を何%で混ぜていくか?みたいな そういう感覚であるような気がします。 で、世間的にもそのバランス感覚って流れがあって 年代によっても違うと思うんですよ。 ただ、年代によってのポップス感覚っていうのは すごく流動的で、まぁつまり消耗品っすよね。 その流れ=流行だと思うんですがそれに流されない バランス感覚が本物のポップという意味なのかなと 考えた次第です。エンターテイメントも一緒かもですね。 夏真っ盛り、毎日地下室で蠢いています。 あー夏の海沿いを自転車で走りながら フリッパーズギターが聞きたい。
じゃ四谷で。 追伸/怪奇現象は残念ながら(?)起こりませんでした。