今夜、四谷の地下室で。

ライブハウス四谷アウトブレイク店長が日々起こる事やバンド活動についてなど色々書いてます。

#ライブハウス再開 にライブハウス店長が思っていること。

急というか唐突というかライブハウス再開という文字がtwitterに躍り出た。


正直に言うよ、めっちゃくちゃに困惑している。さらに言えば超ビビってる。段階的に戻る日常、6月1日から始めるライブハウスも多いじゃないか。俺の困惑ポイントは大きく2つだ。

①第二波確実にくる…

専門家じゃないけど来ちゃうと思うんだよ。ライブハウスに限ったことじゃなくて、この次の波が来た時にどうするんだろう。また悪者にされちゃうの?医療崩壊しないの?更に厳しい自粛を課せられるの?今回は「もう知るか!」って誰もまじめに自粛しないと思うんだよな。。。という普通の人の目線。

 

②いつもの仕事の仕方忘れた…

これも配信で何度も言ってるんだけど、手前味噌ながらライブハウスで一番ちゃんとした配信ができてると思う。毎日配信していて4/1~の配信は有料無料含めて140本を超えた。撮影技術もシステムも演出もさらに進化できる気しかしてない。


四谷Out break!×BUDDY TANDEN 『アウトブレイク配信ヤバイ』



有料配信も他のチケットサイトに頼らず自分のホームページで簡単に安全に買えるシステムも作った。経費?なにそれ???

 

今までと全く違う事をする脳みそスイッチをオンにしてる訳で、通常ブッキングとか企画の脳が存在してない。ライブハウス再開の報を聞いた時に考えたよ、一瞬じゃあどうやったらできるかな??って。その時に脳みそがパーーーン!!!って割れた。なんも思いつかない。配信ライブにどうやったら人いれられるかな?しか思いつかなかった。

本来であれば3密を手玉にとってお客さんは常にアウトブレイクの入り口から入ってステージを通り裏口から店を出て、また入り口に入ってくる。その導線にいくつかのアーティストがいてライブがみれるイッツアスモールワールドギグ!!というのをポンとネットに出してクスっとしてもらう位できたはずなのだ。。。

 

f:id:boone428:20200526143628j:plain

事務所で仕事しなくなって2か月か…

この2つの変化に俺はビビッてるし、戸惑ってる。単なる慣れなんだったらいいんだけどさ。。。生き残りをかけたサバイバルは多分まだ始まってもいないのだ。という訳で宣伝を1つだけ。



じゃ、四谷で。

竹やり部隊はそろそろ終わり。

なかなかになかなかだ。これで心折れずにせっせと自粛してる俺たち偉すぎないか?



予想するに6月以降は都内のライブハウスも自粛なんておしまいだ!!!と観客を入れたライブがスタートするだろう。飲食店も活気を戻しながら街は少しづつ日常を取り戻していく。そしてコロナ第二波、再び非常事態宣言。なんとなくだけどこんな道筋のような気がするんだよ。

6月以降アウトブレイクは未だ客入れのライブタイミングを失い続ける。売り上げのほとんどを生配信に頼るしかない。物販は正直あたまうちだし、もはや善意の投げ銭など時代遅れ。。。皆さんが楽しい!と思ってくれた事をお金に変えていくしかないのだ。

こないだのブログにはそんな気持ちを込めて新しい試みの話をした。読んでない人は是非読んでいただきたいよ。

 

www.boone4649.work

 

映像もなにもかも手探りだからこそ竹やり部隊はそろそろ終わりにしてプロを雇用して新しい事を生み出していきたい。映像に関しては色々推し進めてまいります。


唯一救われるのは生配信に来たみんながとても良い顔をして帰っていくことだ。それだけでも生きている価値が少しだけ見える。ああ俺はこんなにもバンドとライブハウスが好きだったんだなぁ。。。

f:id:boone428:20200523184318j:plain

お客さんから頑張れ!のお手紙頂く。腰抜けるほどうれしい。




話とぶけど

カメラのレンズ買っちゃいました。本日デビュー戦、うふふふ。今日はHONEBONEの公式チャンネルからお届けします。アウトブレイクのチャンネルはサブ的にスタッフの顔をお届けしようかな~と思っていますよ。



生きてると思える瞬間がすこしでもある。それだけでも救いだ~!!!!

じゃ、四谷で。